香月恵介×HouxoQue『NOUMENON』展 平行な仮設壁で作品を対立させて展示

香月恵介とHouxoQueによる2人展『NOUMENON』が、6月8日から東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYで開催される。

ブラウン管モニターをアクリル絵具で表現した『ピクセル絵画』や、照明の当て方で表情が変わる『グレイ』シリーズなど、光の反射をテーマにした作品を発表している香月恵介と、発光するディスプレイや蛍光塗料を使った作品を手掛けているHouxoQue。

『NOUMENON』では2人の作品を、会場内に平行な仮設壁を設置し対立させる形で展示。光を扱う両者の作品は、ガラス張りのギャラリーの中で時間と共に変化する自然光の入り方によって見え方が変わるという。

イベント情報

香月恵介×HouxoQue
『NOUMENON』

2018年6月8日(金)~6月24日(日) 会場:東京都 阿佐ヶ谷 TAV GALLERY 時間:13:00~20:00 休廊日:水、木曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 香月恵介×HouxoQue『NOUMENON』展 平行な仮設壁で作品を対立させて展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて