『ドラゴン・タトゥーの女』最新作『蜘蛛の巣を払う女』来年公開 予告編も

映画『蜘蛛の巣を払う女』が2019年に全国公開される。

2011年に公開されたデヴィッド・フィンチャー監督作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編となる同作は、ダヴィド・ラーゲルクランツの推理小説『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女』をもとにした作品。背中にドラゴンのタトゥーを入れた特殊な映像記憶能力を持つハッカーのリスベットが、ジャーナリストのミカエルと再びタッグを組み、新たな犯罪組織の陰謀に迫るというあらすじだ。原題は『The Girl in the Spider's Web』。

天涯孤独で壮絶な過去を持つリスベット役を演じるのは、前作のルーニー・マーラに代わってクレア・フォイ。リスベットの過去の真相を握るカミラ役を『ブレードランナー 2049』などに出演のシルヴィア・フークスが演じる。メガホンを取ったのは『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス。フィンチャーは製作総指揮を担当する。全米公開は2018年11月9日。あわせて予告編と場面写真が公開された。

作品情報

『蜘蛛の巣を払う女』

2019年に全国公開
監督:フェデ・アルバレス 脚本:フェデ・アルバレス、スティーヴン・ナイト、ジェイ・バス 原作:ダヴィド・ラーゲルクランツ『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女』(早川書房) 出演: クレア・フォイ シルヴィア・フークス スベリル・グドナソン 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』最新作『蜘蛛の巣を払う女』来年公開 予告編も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて