ニュース

引き裂かれた在日ミャンマー人家族の実話描く TIFF2冠『僕の帰る場所』

映画『僕の帰る場所』が10月から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。

昨年の『第30回東京国際映画祭』で「アジアの未来」部門のグランプリにあたる作品賞と、監督賞にあたる国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した『僕の帰る場所』。「移民」という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや、在日外国人家族を取り巻く社会を背景に描いている。撮影は日本とミャンマーで行なわれた。

在日ミャンマー人家族の実話をもとにした同作。入国管理局に捕まった夫に代わって家庭を支え、母国語が話せない子供たちに慣れない日本語で愛情を注ぐケインが、これからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたいという想いを募らせていく、というあらすじだ。

監督は同作が長編デビュー作となる藤元明緒。ミャンマー政府の厳しい検閲を通過し、企画から5年を経て同作を完成させた。

『第30回東京国際映画祭』では「ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっている。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品」と評された。また『オランダ・シネマアジア映画祭』では当時6歳だった子役のカウン・ミャッ・トゥが最優秀俳優賞を受賞している。

『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業