ニュース

引き裂かれた在日ミャンマー人家族の実話描く TIFF2冠『僕の帰る場所』

映画『僕の帰る場所』が10月から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。

昨年の『第30回東京国際映画祭』で「アジアの未来」部門のグランプリにあたる作品賞と、監督賞にあたる国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した『僕の帰る場所』。「移民」という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや、在日外国人家族を取り巻く社会を背景に描いている。撮影は日本とミャンマーで行なわれた。

在日ミャンマー人家族の実話をもとにした同作。入国管理局に捕まった夫に代わって家庭を支え、母国語が話せない子供たちに慣れない日本語で愛情を注ぐケインが、これからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたいという想いを募らせていく、というあらすじだ。

監督は同作が長編デビュー作となる藤元明緒。ミャンマー政府の厳しい検閲を通過し、企画から5年を経て同作を完成させた。

『第30回東京国際映画祭』では「ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっている。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品」と評された。また『オランダ・シネマアジア映画祭』では当時6歳だった子役のカウン・ミャッ・トゥが最優秀俳優賞を受賞している。

『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開