ニュース

引き裂かれた在日ミャンマー人家族の実話描く TIFF2冠『僕の帰る場所』

映画『僕の帰る場所』が10月から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。

昨年の『第30回東京国際映画祭』で「アジアの未来」部門のグランプリにあたる作品賞と、監督賞にあたる国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した『僕の帰る場所』。「移民」という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや、在日外国人家族を取り巻く社会を背景に描いている。撮影は日本とミャンマーで行なわれた。

在日ミャンマー人家族の実話をもとにした同作。入国管理局に捕まった夫に代わって家庭を支え、母国語が話せない子供たちに慣れない日本語で愛情を注ぐケインが、これからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたいという想いを募らせていく、というあらすじだ。

監督は同作が長編デビュー作となる藤元明緒。ミャンマー政府の厳しい検閲を通過し、企画から5年を経て同作を完成させた。

『第30回東京国際映画祭』では「ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっている。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品」と評された。また『オランダ・シネマアジア映画祭』では当時6歳だった子役のカウン・ミャッ・トゥが最優秀俳優賞を受賞している。

『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う