ニュース

引き裂かれた在日ミャンマー人家族の実話描く TIFF2冠『僕の帰る場所』

映画『僕の帰る場所』が10月から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。

昨年の『第30回東京国際映画祭』で「アジアの未来」部門のグランプリにあたる作品賞と、監督賞にあたる国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した『僕の帰る場所』。「移民」という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや、在日外国人家族を取り巻く社会を背景に描いている。撮影は日本とミャンマーで行なわれた。

在日ミャンマー人家族の実話をもとにした同作。入国管理局に捕まった夫に代わって家庭を支え、母国語が話せない子供たちに慣れない日本語で愛情を注ぐケインが、これからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたいという想いを募らせていく、というあらすじだ。

監督は同作が長編デビュー作となる藤元明緒。ミャンマー政府の厳しい検閲を通過し、企画から5年を経て同作を完成させた。

『第30回東京国際映画祭』では「ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっている。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品」と評された。また『オランダ・シネマアジア映画祭』では当時6歳だった子役のカウン・ミャッ・トゥが最優秀俳優賞を受賞している。

『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」