ニュース

引き裂かれた在日ミャンマー人家族の実話描く TIFF2冠『僕の帰る場所』

映画『僕の帰る場所』が10月から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。

昨年の『第30回東京国際映画祭』で「アジアの未来」部門のグランプリにあたる作品賞と、監督賞にあたる国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した『僕の帰る場所』。「移民」という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや、在日外国人家族を取り巻く社会を背景に描いている。撮影は日本とミャンマーで行なわれた。

在日ミャンマー人家族の実話をもとにした同作。入国管理局に捕まった夫に代わって家庭を支え、母国語が話せない子供たちに慣れない日本語で愛情を注ぐケインが、これからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたいという想いを募らせていく、というあらすじだ。

監督は同作が長編デビュー作となる藤元明緒。ミャンマー政府の厳しい検閲を通過し、企画から5年を経て同作を完成させた。

『第30回東京国際映画祭』では「ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっている。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品」と評された。また『オランダ・シネマアジア映画祭』では当時6歳だった子役のカウン・ミャッ・トゥが最優秀俳優賞を受賞している。

『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』チラシビジュアル ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』 ©E.x.N K.K.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー