宮永愛子の個展『life』開催 「透明な絵画」や新たな試みによる新作も

展覧会『宮永愛子展「life」』が6月20日から東京・新宿のミヅマアートギャラリーで開催される。

宮永愛子は京都出身の美術家。2008年に東京芸術大学美術学部を卒業し、同年『第3回 shiseido art egg』『京都芸術センター2008』に入選。2013年に『日産アートアワード2013』でグランプリを受賞し、2014年にはイギリス・リバプールおよびロンドンで個展を実施した。これまでに日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなどを発表している。

約1年ぶりの個展となる同展では、無数の気泡を含んだ透明な絵画や、漆喰を用いたフレスコ紙とインクで制作された作品に加え、新たな試みを含む新作も展示されるという。

イベント情報

『宮永愛子展「life」』

2018年6月20日(水)~7月21日(土) 会場:東京都 新宿 ミヅマアートギャラリー
時間:11:00~19:00 休廊日:日、月曜、祝日
  • HOME
  • Art,Design
  • 宮永愛子の個展『life』開催 「透明な絵画」や新たな試みによる新作も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて