ニュース

松居大悟主宰のゴジゲン10周年公演『君が君で君で君を君を君を』10月上演

ゴジゲン 写真:関信行
ゴジゲン 写真:関信行

舞台『ゴジゲン第15回公演「君が君で君で君を君を君を」~10周年&映画化だよ!全員集合ツアー~』が、10月3日から東京・下北沢の駅前劇場、10月19日から福岡・北九州芸術劇場 小劇場で上演される。

今年で結成10周年を迎える松居大悟主宰の劇団ゴジゲン。同公演は、自分を捨てて好きな女性の好きな人になりきり、名前も自分の人格すらも捨てた3人の男を描いた7月7日公開の松居監督作『君が君で君だ』をリブートした作品になるという。

出演者は、作、演出を手掛ける松居に加えて、奥村徹也(劇団献身)、東迎昂史郎、目次立樹、本折最強さとし、善雄善雄。チケットの一般発売は8月19日10:00からスタートする。

7月28日には10周年企画の一貫として東京・新宿のロフトプラスワンでオールナイトイベント『ゴジゲン10周年企画第4弾「オールナイトゴジゲン ~10周年で限界を超えるよ!全員集合~」』を開催。10月16日にはツアーにあわせて京都・UrBANGUILDで1夜限りのイベントも行なわれる。

松居大悟(ゴジゲン)のコメント

2008年に旗揚げ公演した僕らは、ついに今年ゴジゲン10周年となります。
とは言っても、3年間休止していたし、2006年の公演が第1回公演名義なので、時系列めちゃくちゃなのですが。去年メンバーが2人から6人になり、10周年の感慨は僕と目次以外は特にないかもしれませんが。ヨーロッパ企画10周年時に劇団名をつけてもらったので、ヨーロッパ企画は20周年。というわけで10周年です。
2018年7月7日に映画『君が君で君だ』が公開されます。そこから更にテーマを掘り下げて、第15回公演「君が君で君で君を君を君を」という新作の劇を作ります。愛をテーマに、東京・ちょっと京都・北九州と回る、10周年&映画化&ツアー公演です。
10周年を祝して、慣れないイベント・過去公演上映会・noteラジオなどやってきまして、7月28日にオールナイトイベントもやってみます。いまだにSNSではブログ更新を大事にする古くせぇ劇団で、11年目の劇場申請もままならないですが、新しい次元を目指して頑張ります!無視しないでください!よろしくお願いします!

ゴジゲン 写真:関信行
ゴジゲン 写真:関信行
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー