教師の性的な動画流出のデマで女子生徒が自殺、映画『飢えたライオン』

映画『飢えたライオン』が9月15日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される。

大阪2児餓死事件をもとにした『子宮に沈める』の監督・緒方貴臣の最新作となる同作は、フェイクニュース、それらを拡散させるSNS、座間9遺体事件で表面化した若年層の自殺、リベンジポルノといった現代社会の歪みを描いた作品。児童ポルノ禁止法違反の容疑で担任が逮捕され、その相手が18歳の杉本瞳だというデマが事実のように広がり、追いつめられた瞳は自殺するが、そのことがマスコミの餌食となり報道が加熱していくというあらすじだ。

主人公の瞳役に松林うらら、その恋人・藤川ヒロキ役に水石亜飛夢、瞳の母・裕子役に筒井真理子、校長役に竹中直人がキャスティング。あわせてティザービジュアルと特報が公開された。ティザービジュアルには「覗き見の、快感。」というキャッチコピーと共に、スマートフォンを掲げる生徒たちの姿が写し出されている。

作品情報

『飢えたライオン』

2018年9月15日(土)からテアトル新宿ほか全国で順次公開
監督:緒方貴臣 脚本:緒方貴臣、池田芙樹 出演: 松林うらら 水石亜飛夢 筒井真理子 菅井知美 日高七海 加藤才紀子 品田誠 上原実矩 菅原大吉 小木戸利光 遠藤祐美 竹中直人 上映時間:78分 配給:キャットパワー
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 教師の性的な動画流出のデマで女子生徒が自殺、映画『飢えたライオン』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて