ニュース

COMA-CHIが「家事ラップ」アンサーソング公開 SANABAGUN.からコメントも

COMA-CHIとSANABAGUN.の沢村一平、隅垣元佐、大林亮三
COMA-CHIとSANABAGUN.の沢村一平、隅垣元佐、大林亮三

COMA-CHIによる楽曲“家事最高!~Cycle dub ver.~”の映像がYouTubeで公開されている。

“家事最高!~Cycle dub ver.~”は「男性の家事を応援する」プロジェクトとして2016年からKダブシャインが制作してきた「家事ラップ」へのアンサーソング。「家事ラップ」はこれまでに本編7本と番外篇1本など全9本が発表されている。

同曲はSANABAGUN.の沢村一平、隅垣元佐、大林亮三と共同制作したCOMA-CHIの“Cycle”が原曲。トラック制作にはSANABAGUN.が参加している。映像にはこれまでの「家事ラップ」シリーズにはなかった「主観カメラ」を用い、夫、妻、子供それぞれの目線から、臨場感溢れる家事の映像化が試みられている。

COMA-CHIとSANABAGUN.の沢村一平、隅垣元佐、大林亮三によるコメントも発表されている。

COMA-CHIのコメント

今回家事ラップのお話を頂いた時に、たまたま家の掃除にハマっているタイミングで、「掃除って大事だよなぁ~」と改めて思っていた所だったので、歌詞もスラスラ浮かんで来ました。
原曲「Cycle」も、「古いものを手放し、新しい風を入れて循環させて行こう」というテーマだったので、替え歌をしながらとても楽しかったです。ぜひ2つのバージョンを聴き比べて楽しんで下さい。でも実際は「家事最高!」っていうより、「家事大変!」です…。

「家事ラップ」アンサーソング制作にあたって
普段、リリックにしない言葉たちなので難しくもあったが、楽しめました。また、原曲である「Cycle」にキーワードが、元々たくさん散りばめられていたのでイメージは湧きやすかったです。

Kダブシャインの「家事ラップ」について
初めて観たときは、クールさとお茶目な感じのバランスがいいなと思いました。思わず男性がそうじや洗たくをしたくなるような
感じがします。こんなに家をキレイにしてくれる男性はステキだと思います。

「家事最高!~Cycle dub ver.~」のお気に入りパートについて
「そんな両親の姿を見て 子どもがそれを真似 いつしか手伝ってる」の部分が一番気に入っています。

好きな家事について
洗たくをしているときが心地よいです。朝の光を浴び、森の風を感じながら、すがすがしい空気を吸って洗たく物を干している時間が好き。洗い上がりの洗たく物から漂うほのかな香りを嗅ぎながら、家族の洗たく物を外で干す時間は楽しいです。

家族での家事の分担について
忙しい中よくやってくれていると思うので感謝しています。とくに、自分が苦手な換気扇のそうじなどはやってくれます。他には、トイレやお風呂そうじは主人の担当です。また、4歳の娘がお手伝いをすごくしたがる時期のよう。とくに料理や皿洗いなどが好きなようで、できる範囲でお手伝いさせています。

沢村一平、隅垣元佐、大林亮三(SANABAGUN.)のコメント

家事ラップ最高す!!
ママラッパーしてのコマチさんの魅力もフルに伝わってきました。
原曲はもっとスピリチュアルでDOPEな感じでしたが、そこと日常的な家事にも行き来できるコマチさんはやっぱり凄いす!
SANABAGUN.リズム隊3人が参加させてもらったCycleがこういう形でフックアップしてもらえてすごく光栄です!
Cycleのスピリチュアルなサウンドと、家事ラップの日常を感じさせるリリックのギャップをお楽しみください!
縄文バイブス!!これが縄文バイブル!!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開