折坂悠太“馬市”が7インチシングル化、オオルタイチのリミックスも収録

折坂悠太の7インチシングル『馬市』が、8月22日にリリースされる。

折坂悠太は鳥取生まれのシンガーソングライター。幼少期をロシアやイランで過ごした経歴を持ち、帰国後は千葉に移り住んだ。2013年からギターの弾き語りによるライブ活動を開始。2016年からバンド編成の「折坂悠太(合奏)」としてもライブを行なっており、今年は『FUJI ROCK FESTIVAL 2018』『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』への出演も決定している。

『馬市』は2015年からライブ会場などで販売されていたが、現在は廃盤。今回の7インチシングル化にあたり、中村公輔による再ミックスとリマスタリングが施されているほか、B面にはオオルタイチによるリミックスが収録される。ジャケットはイラストレーターの正一によるもの。

全国流通販売に先行し、7月9日に東京・渋谷のWWWで開催する東郷清丸とのツーマンライブ『dots』にて販売を行なうことが決定した。チケットは現在販売中。

リリース情報
イベント情報

『dots』

2018年7月9日(月) 会場:東京都 渋谷 WWW
出演: 東郷清丸 折坂悠太(合奏) 料金:前売2,800円 当日3,300円

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 折坂悠太“馬市”が7インチシングル化、オオルタイチのリミックスも収録

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて