ニュース

太賀×吉田羊『母さんがどんなに僕を嫌いでも』場面写真、森崎ウィンの姿も

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の場面写真が公開された。

11月16日から東京・新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国で公開される同作は、ブロガー、漫画家、小説家として活動する歌川たいじが自身の母親との関係を綴った同名コミックエッセイの実写映画版。映画では社会人のタイジが友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年間も関係を絶っていた母・光子と向き合い、母の愛を取り戻そうとする様を描く。

主人公のタイジ役に太賀、光子役に吉田羊がキャスティング。タイジの親友キミツ役を森崎ウィン(PrizmaX)、幼少期のタイジ役を小山春朋、幼き日のタイジを陰で支えた「血の繋がらない婆ちゃん」の工員役を木野花、タイジの友人役を白石隼也と秋月三佳が演じる。

公開された場面写真には、吉田羊演じる光子が太賀演じるタイジに冷たい視線を向ける場面や、寝床に横たわる工員が真剣な表情でタイジの手を握り締める姿、森崎ウィン演じるキミツがタイジと自動車に乗る様子、友人たちとタイジが肩を寄せ合うシーンなどが写し出されている。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで