ニュース

竹財輝之助×猪塚健太 小説家と大学生のBL『ポルノグラファー』ドラマ化

『ポルノグラファー』 ©丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン
『ポルノグラファー』 ©丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン

丸木戸マキのBL漫画『ポルノグラファー』が実写ドラマ化。7月28日からフジテレビオンデマンドで配信、8月9日からフジテレビで放送される。

『ポルノグラファー』は官能小説家の木島理生と大学生の久住春彦の恋愛模様を描いた作品。木島の腕を骨折させてしまった久住が、示談の条件として受け入れた官能小説の代筆に戸惑いながら、やがて木島の文章の世界観と声に惹かれていくというあらすじだ。ドラマ版では木島役に竹財輝之助、久住役に猪塚健太がキャスティング。監督は、10月26日に映画『旅猫リポート』の公開を控えている三木康一郎が務めた。

竹財は「嘘つきでどこか闇のある飄々とした人柄、官能小説家という職業、そして虚実織り交ぜた台詞たち。役者として、やり甲斐のある役だなと思いました」、猪塚は「皆様にも、少し特殊な、でもとても純粋で、そしてちょっとエッチな恋愛物語を、存分に味わっていただけたらと思います」とそれぞれコメントを寄せている。

竹財輝之助のコメント

お話を頂いたときは正直、迷いましたが、台本を読ませて頂いて「木島理生」という人間に惹かれてしまいました。
嘘つきでどこか闇のある飄々とした人柄、官能小説家という職業、そして虚実織り交ぜた台詞たち。役者として、やり甲斐のある役だなと思いました。
エッジの効いた作品ですが、三木監督となら面白いものが創れるのではと思います。
春彦と共に、皆さんを官能的に振り回したいと思います!

猪塚健太のコメント

魅力的な作品、役をいただき大変嬉しいです。撮影では、色々なドキドキが大量に押し寄せてきています。
皆様にも、少し特殊な、でもとても純粋で、そしてちょっとエッチな恋愛物語を、存分に味わっていただけたらと思います。
ピュアで振り回される、恋する春彦を精一杯演じさせていただきます。

『ポルノグラファー』 ©丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン
『ポルノグラファー』 ©丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー