ニュース

フィンランド陶芸の黎明期から最盛期まで紹介 陶磁器やガラスなど137点

展覧会『フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア』が7月14日から東京・目黒の目黒区美術館で開催される。

日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念する同展。フィンランド陶芸の体系的な展示は日本では初の試みとなり、同展では黎明期から最盛期と言える1950年代、60年代の作品137点をフィンランド陶磁器やガラス作品のコレクターであるキュオスティ・カッコネンのコレクションを中心に展示する。

展覧会は、創業当初のアイリス工房やアラビア製陶所で製作された壺や花器を紹介する「フィンランド陶芸の萌芽」、近隣諸国の影響を受けて陶磁器のデザイン性を高めようという動きが生じた1920年代から30年代後半の作品を展示する「近隣諸国の影響を受けて」、第二次世界大戦後の「オーガニック・モダニズム」と称された作品などを紹介する「フィンランド陶芸の確立」、伝統的な陶板画とは一線を画す絵画的表現の陶板や皿が展示される「フィンランド陶芸の展開」、日本の美術や工芸にも影響を受けた日用品などが並ぶ「プロダクト・デザイン」の5章で構成。

初日となる7月14日には岐阜県現代陶芸美術館学芸員の山口敦子による講演会『フィンランドのアラビア窯-カイ・フランクと芸術家たち』、7月22日には武蔵野美術大学名誉教授の島崎信による講演会『フィンランドという国と人、その生活とデザイン』を行なう。各回とも定員は70名。聴講料は無料となっている。詳細は美術館のオフィシャルサイトを確認しよう。

また同展の開催にあわせて、図録『フィンランド陶芸-芸術家たちのユートピア』を会場で販売する。同展は11月17日から岐阜・岐阜県現代陶芸美術館、2019年4月20日から山口・山口県立萩美術館・浦上記念館、2019年7月13日から大阪・大阪市立東洋陶磁美術館を巡回する。

『フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア』ポスタービジュアル
『フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア』ポスタービジュアル
花瓶『カレヴァ』 1906-1914 年/アラビア製陶所 コレクション・カッコネン photo:Niclas Warius
花瓶『カレヴァ』 1906-1914 年/アラビア製陶所 コレクション・カッコネン photo:Niclas Warius
アラビア製陶所美術部門(1945年)、photo: Arabia
アラビア製陶所美術部門(1945年)、photo: Arabia
アルフレッド・ウィリアム・フィンチ 花瓶 1897-1902年/ アイリス工房 コレクション・カッコネン photo:Niclas Warius
アルフレッド・ウィリアム・フィンチ 花瓶 1897-1902年/ アイリス工房 コレクション・カッコネン photo:Niclas Warius
フリードル・ホルツァー=シャルバリ
ボウル(ライス・ポーセリン) 1950年代/ アラビア製陶所 コレクション・カッコネン photo:Niclas Warius
フリードル・ホルツァー=シャルバリ ボウル(ライス・ポーセリン) 1950年代/ アラビア製陶所 コレクション・カッコネン photo:Niclas Warius
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談