ニュース

『モネ それからの100年』展 ロスコ、ウォーホルら後世代26作家の作品も

クロード・モネ『睡蓮』 1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)
クロード・モネ『睡蓮』 1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)

展覧会『モネ それからの100年』が9月24日まで神奈川・横浜美術館で開催されている。

印象派の画家クロード・モネ。同展はモネが最晩年の集大成である装飾画『睡蓮』に着手してから約100年経ったことを記念するもので、初期から晩年までの絵画約25点と、後世代の作家26人による作品66点を展示する。

展示される約25点のモネの作品の内、『ヴィレの風景』を含む2点が日本初公開となる。後世代の作家の作品としては、アメリカ抽象表現主義の画家マーク・ロスコ、モーリス・ルイスなど、1950年代以降の絵画を展示。「モダンアートの先駆者」と呼ばれるモネの革新性を浮き彫りにする試みだ。

また福田美蘭の『睡蓮の池 朝』など、現役のアーティストの作品を新作を含めて多数展示。絵画に留まらず、版画、写真、映像などの幅広い分野の現代アートの中に、モネの芸術とその時代や地域、ジャンルを超えた繋がりを見出そうとする意図が込められている。

出展作家はアルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・スタイケン、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニング、モーリス・ルイス、サム・フランシス、ロイ・リキテンスタイン、ジャン=ポール・リオペル、ジョアン・ミッチェル、アンディ・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、ルイ・カーヌ、 堂本尚郎、中西夏之、松本陽子、平松礼二、根岸芳郎、岡﨑乾二郎、児玉靖枝、鈴木理策、福田美蘭、丸山直文、湯浅克俊、小野耕石、児玉麻緒、水野勝規。

クロード・モネ『ヴィレの風景』 1883年 個人蔵  ©Christie’s Images / Bridgeman Images
クロード・モネ『ヴィレの風景』 1883年 個人蔵 ©Christie’s Images / Bridgeman Images
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る