『モネ それからの100年』展 ロスコ、ウォーホルら後世代26作家の作品も

展覧会『モネ それからの100年』が9月24日まで神奈川・横浜美術館で開催されている。

印象派の画家クロード・モネ。同展はモネが最晩年の集大成である装飾画『睡蓮』に着手してから約100年経ったことを記念するもので、初期から晩年までの絵画約25点と、後世代の作家26人による作品66点を展示する。

展示される約25点のモネの作品の内、『ヴィレの風景』を含む2点が日本初公開となる。後世代の作家の作品としては、アメリカ抽象表現主義の画家マーク・ロスコ、モーリス・ルイスなど、1950年代以降の絵画を展示。「モダンアートの先駆者」と呼ばれるモネの革新性を浮き彫りにする試みだ。

また福田美蘭の『睡蓮の池 朝』など、現役のアーティストの作品を新作を含めて多数展示。絵画に留まらず、版画、写真、映像などの幅広い分野の現代アートの中に、モネの芸術とその時代や地域、ジャンルを超えた繋がりを見出そうとする意図が込められている。

出展作家はアルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・スタイケン、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニング、モーリス・ルイス、サム・フランシス、ロイ・リキテンスタイン、ジャン=ポール・リオペル、ジョアン・ミッチェル、アンディ・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、ルイ・カーヌ、 堂本尚郎、中西夏之、松本陽子、平松礼二、根岸芳郎、岡﨑乾二郎、児玉靖枝、鈴木理策、福田美蘭、丸山直文、湯浅克俊、小野耕石、児玉麻緒、水野勝規。

イベント情報

『モネ それからの100年』

2018年7月14日(土)~9月24日(月・振休)
会場:神奈川県 横浜美術館 時間:10:00~18:00(9月14日、9月15日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで) 休館日:木曜(8月16日は開館) 料金:一般1,600円 大学・高校生1,200円 中学生600円 65歳以上1,500円(要証 明書) ※小学生以下、障害者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『モネ それからの100年』展 ロスコ、ウォーホルら後世代26作家の作品も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて