ニュース

『モネ それからの100年』展 ロスコ、ウォーホルら後世代26作家の作品も

クロード・モネ『睡蓮』 1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)
クロード・モネ『睡蓮』 1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)

展覧会『モネ それからの100年』が9月24日まで神奈川・横浜美術館で開催されている。

印象派の画家クロード・モネ。同展はモネが最晩年の集大成である装飾画『睡蓮』に着手してから約100年経ったことを記念するもので、初期から晩年までの絵画約25点と、後世代の作家26人による作品66点を展示する。

展示される約25点のモネの作品の内、『ヴィレの風景』を含む2点が日本初公開となる。後世代の作家の作品としては、アメリカ抽象表現主義の画家マーク・ロスコ、モーリス・ルイスなど、1950年代以降の絵画を展示。「モダンアートの先駆者」と呼ばれるモネの革新性を浮き彫りにする試みだ。

また福田美蘭の『睡蓮の池 朝』など、現役のアーティストの作品を新作を含めて多数展示。絵画に留まらず、版画、写真、映像などの幅広い分野の現代アートの中に、モネの芸術とその時代や地域、ジャンルを超えた繋がりを見出そうとする意図が込められている。

出展作家はアルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・スタイケン、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニング、モーリス・ルイス、サム・フランシス、ロイ・リキテンスタイン、ジャン=ポール・リオペル、ジョアン・ミッチェル、アンディ・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、ルイ・カーヌ、 堂本尚郎、中西夏之、松本陽子、平松礼二、根岸芳郎、岡﨑乾二郎、児玉靖枝、鈴木理策、福田美蘭、丸山直文、湯浅克俊、小野耕石、児玉麻緒、水野勝規。

クロード・モネ『ヴィレの風景』 1883年 個人蔵  ©Christie’s Images / Bridgeman Images
クロード・モネ『ヴィレの風景』 1883年 個人蔵 ©Christie’s Images / Bridgeman Images
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送