ニュース

『モネ それからの100年』展 ロスコ、ウォーホルら後世代26作家の作品も

クロード・モネ『睡蓮』 1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)
クロード・モネ『睡蓮』 1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)

展覧会『モネ それからの100年』が9月24日まで神奈川・横浜美術館で開催されている。

印象派の画家クロード・モネ。同展はモネが最晩年の集大成である装飾画『睡蓮』に着手してから約100年経ったことを記念するもので、初期から晩年までの絵画約25点と、後世代の作家26人による作品66点を展示する。

展示される約25点のモネの作品の内、『ヴィレの風景』を含む2点が日本初公開となる。後世代の作家の作品としては、アメリカ抽象表現主義の画家マーク・ロスコ、モーリス・ルイスなど、1950年代以降の絵画を展示。「モダンアートの先駆者」と呼ばれるモネの革新性を浮き彫りにする試みだ。

また福田美蘭の『睡蓮の池 朝』など、現役のアーティストの作品を新作を含めて多数展示。絵画に留まらず、版画、写真、映像などの幅広い分野の現代アートの中に、モネの芸術とその時代や地域、ジャンルを超えた繋がりを見出そうとする意図が込められている。

出展作家はアルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・スタイケン、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニング、モーリス・ルイス、サム・フランシス、ロイ・リキテンスタイン、ジャン=ポール・リオペル、ジョアン・ミッチェル、アンディ・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、ルイ・カーヌ、 堂本尚郎、中西夏之、松本陽子、平松礼二、根岸芳郎、岡﨑乾二郎、児玉靖枝、鈴木理策、福田美蘭、丸山直文、湯浅克俊、小野耕石、児玉麻緒、水野勝規。

クロード・モネ『ヴィレの風景』 1883年 個人蔵  ©Christie’s Images / Bridgeman Images
クロード・モネ『ヴィレの風景』 1883年 個人蔵 ©Christie’s Images / Bridgeman Images
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う