ワイン農家3兄妹の悲喜描く 仏映画『おかえり、ブルゴーニュへ』11月公開

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』が11月17日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CHINEMAほか全国で順次公開される。

同作は、フランス・ブルゴーニュ地方のワイン生産者の長男・ジャンが10年ぶりに故郷へ帰り、稼業を継いだ妹・ジュリエットと、別の生産者の婿養子となった弟・ジェレミーに再会するが、父親が亡くなり、相続などの問題を抱えながらも3人で自分たちなりのワインを作り出そうとする、というあらすじ。原題は『Ce qui nous lie』、英題は『Back to Burgundy』。

離婚問題を抱えた長男・ジャン役をピオ・マルマイ、醸造家としての生き方に悩む長女・ジュリエット役をアナ・ジラルド、義父との問題に揺れている次男・ジェレミー役をフランソワ・シビルが演じる。

監督は『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』『ロシアン・ドールズ』『ニューヨークの巴里夫』などのセドリック・クラピッシュ。『おかえり、ブルゴーニュへ』は監督にとって4年ぶり12作目の映画となる。

今回の発表とあわせて場面写真が公開。ピオ・マルマイ演じるジャン、アナ・ジラルド演じるジュリエット、フランソワ・シビル演じるジェレミーの3兄妹がワインを確かめる様子や、自然の中に佇む姿が写し出されている。

作品情報

『おかえり、ブルゴーニュへ』

2018年11月17日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CHINEMAほか全国で順次公開
監督:セドリック・クラピッシュ 脚本:セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ 出演: ピオ・マルマイ アナ・ジラルド フランソワ・シビル 上映時間:113分 配給:キノフィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ワイン農家3兄妹の悲喜描く 仏映画『おかえり、ブルゴーニュへ』11月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて