ニュース

高畑充希が「美食の境地」へ 『忘却のサチコ』連続ドラマ化

『忘却のサチコ』 ©阿部潤・小学館/「忘却のサチコ」製作委員会
『忘却のサチコ』 ©阿部潤・小学館/「忘却のサチコ」製作委員会

連続ドラマ『忘却のサチコ』が10月からテレビ東京系で放送される。

阿部潤の同名漫画をもとにした『忘却のサチコ』は、結婚式当日に新郎・俊吾に逃げられた文芸誌編集者の佐々木幸子を主人公にした作品。俊吾のことを思い出すたびに仕事でミスを連発する満身創痍の幸子が、彼を忘れるために「旨いもの」を探し求めて奔走する様を描くグルメコメディーだ。今年1月に放送されたスペシャルドラマが好評を博し、連続ドラマ化が決定したという。

完璧な仕事ぶりから「鉄の女」と称される主人公・幸子役を、スペシャルドラマに引き続き高畑充希が演じる。監督は星野源や乃木坂46などのPVを手掛ける山岸聖太、脚本はドラマ『1リットルの涙』『あなたには帰る家がある』、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』などの大島里美が続投する。

主演の高畑充希は連続ドラマ化について「元々漫画のファンで、ドラマスペシャルをやった時も凄く楽しかったし、幸子さんに愛着が湧いちゃってたので、これで終わりは寂しいなぁ...と思っていて。編集長役だった吹越満さんとも“絶対連ドラやりたいよね”ってお話していたから、実現してすごく嬉しいです」とコメント。

また「連ドラなのでやはり食べるシーンが増えるから、少しずつ食べるシーンを上達させたいです。うどんが大好きなので、うどんは食べたいな...(笑)先日、食べ方の大先輩の松重豊さんと現場が一緒で、松重さんに『食べるシーンのコツを教えてください』と聞いたんですけど、『絶対内緒』って(笑)自己流を探していきたいなと思います!」と明かしている。

高畑充希のコメント

元々漫画のファンで、ドラマスペシャルをやった時も凄く楽しかったし、幸子さんに愛着が湧いちゃってたので、これで終わりは寂しいなぁ...と思っていて。編集長役だった吹越満さんとも“絶対連ドラやりたいよね”ってお話していたから、実現してすごく嬉しいです。
ドラマスペシャルは、周りのみんなは楽しんで観てくれていたらしいんですけど、私の母はなぜか泣けたらしくて(笑)。確かに切ない話ではあるけど、
どちらかと言うと笑える方向かと思っていたので、人それぞれ感じ方は違うんだなぁと思いました。家族も気に入ってくれていたので、連ドラ化は本当に嬉しいです。
原作にある「幸子さんがコスプレする回」がお気に入りなので連ドラにこのエピソードがあると良いな、と思います。
連ドラなのでやはり食べるシーンが増えるから、少しずつ食べるシーンを上達させたいです。うどんが大好きなので、うどんは食べたいな...(笑)
先日、食べ方の大先輩の松重 豊さんと現場が一緒で、松重さんに「食べるシーンのコツを教えてください」と聞いたんですけど、「絶対内緒」って(笑)
自己流を探していきたいなと思います!

阿部潤のコメント

新年放送したドラマ版『忘却のサチコ』が この秋、連ドラになって帰ってくる!?僕にとっては、お正月に続いて今回も夢のようなお話で 感謝感激しっぱなしです!!
主演は前回見事に幸子を演じきってくださった高畑充希さん。今回もあのキリッとしながらも可愛らしい幸子が拝見できるかと思うと今から胸いっぱいです。。。それに編集部のメンバー、ちょっとおかしな作家たちと...サチコのキャラ達がどんな風に実写化されるのか(笑)。
さらに、監督を始め前回と同じスタッフが再集結...もう嬉しすぎて感謝でいっぱいです!!
これはもう一言、「早く観せて!」に尽きますね。
放送日は、いち視聴者として心から楽しみにしております。

木下真梨子(テレビ東京)プロデューサーのコメント

ドラマスペシャルの放送後、SNSなどでたくさんの方にお褒めの言葉をいただき、連続ドラマとして帰ってくることが出来ました!高畑充希さん演じる幸子さんに再び会えることに、スタッフとしてだけでなく視聴者として、今からワクワクしています。スペシャルでは、婚約者の俊吾さんに逃げられた幸子さんが“忘却の美食道”に足を踏み入れるところまでをお届けしましたが、今回は幸子さんがどうやって“美食道”を突き進んでいくのかを描いています。
高畑さんにこんなことさせて、いよいよ怒られないかな...と正直ドキドキしていましたが、さらにパワーアップした幸子さんを真正面から受け止めていただき、「こんな高畑充希見たことない!」の連続になっています。第1話からまっすぐに仕事と恋に向き合う幸子さんが大暴走しています。是非、ちょっとズレてる幸子さんの一途さとひたむきな姿を応援、よろしくお願いします!
もちろん、“美食”もパワーアップしているので、そこにもご注目いただければと思います!様々なジャンルのグルメたちが深夜に皆さんの胃袋を刺激すること間違いなしです。
原作でも個性あふれる小説家の先生や同僚など面白いキャラクターがたくさん登場しますが、連続ドラマ版でも、豪華なキャストの皆さんに集まっていただいています。そして、逃げた婚約者・俊吾を演じる意外なキャストにもご注目いただければと思います。皆さんに早く伝えたくてウズウズしていますが、放送まで楽しみにお待ちいただければと思います。

阿部潤『忘却のサチコ』1巻表紙
阿部潤『忘却のサチコ』1巻表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」