アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』12月公開 特報も

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月から東京・テアトル新宿、渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、こうの史代原作、片渕須直監督のアニメーション映画『この世界の片隅に』に、新規場面を追加した別バージョン。のんが主演声優を務める『この世界の片隅に』は、2016年11月の劇場公開以来、現在も映画館での上映が続いている。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、原作にはまだ魅力的なエピソードがあり、それを描き足すことで主人公のすずだけでなく「さらにいくつもの人生」を描き出したいという片渕監督の考えから制作。新規バージョンの絵コンテは企画当初から存在していたが、再度見直しながら復活させ、新カットも追加した。現行版とは一部主題も変わることから別のタイトルをつけた「もう1本の映画」として制作することになったという。新タイトルは片渕監督による案を原作者のこうの史代が快諾したもの。

追加されているのは、すずと彼女が嫁ぎ先の町で初めて出会う同世代の女性であるリンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードや、妹すみを案じて過ごす中で迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなど。新しい登場人物や、既存の登場人物の別の側面なども描かれる。主人公すずの声は引き続きのんが演じ、音楽もコトリンゴが担当。コトリンゴは『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』でも主題歌を含む全ての劇中曲を手掛け、新曲も制作予定だ。

あわせて特報とティザービジュアルが公開。片渕監督自らが制作した特報ではコトリンゴが歌う“悲しくてやりきれない”にのせて、リンの横顔が描かれる様子が映し出されているほか、「リンさんを探して。そう、うちの声が言うのが聞こえた…」というすずのセリフが新たに収録されている。

片渕須直監督のコメント

戦争しおってもセミは鳴く。ちょうちょも飛ぶ。そして、人には人生がある。
それが戦争中であっても。明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが自分以外の「世界の片隅」と巡り合うとき、すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。
すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください。

作品情報

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

2018年12月からテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開
監督・脚本:片渕須直 原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社) 音楽:コトリンゴ 声の出演: のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外 配給:東京テアトル
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』12月公開 特報も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて