ニュース

加藤剛、橋本忍を追悼 映画『砂の器』シネマコンサートが9月に再々演

『砂の器』 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション
『砂の器』 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

複合型イベント『映画「砂の器」追悼シネマ・コンサート』の再々演が、9月16日に東京・有楽町の東京国際フォーラム ホールAで開催される。

2017年に初演、今春に再演された『映画「砂の器」シネマ・コンサート』は、1974年に公開された松本清張原作の映画『砂の器』の劇中のセリフや効果音はそのままに音楽パートをオーケストラが生演奏するコンサートと映画上映の複合型イベント。再々演となる今回は、6月に加藤剛、今月に脚本家の橋本忍が逝去したことを受けたものとなる。加藤は劇中で気鋭の音楽家・和賀英良を演じた。

橋本と共に脚本に携わった山田洋次監督は「構成の鬼といわれたこの人から、シナリオの根幹はフレーム(骨組み)にあるということを、ぼくは叩きこまれるように教わった。まさに“師”の名に値する人だった。黒澤明と共に『羅生門』や『七人の侍』を世に出した、日本が世界に誇るに足る偉大な映画人を、ぼくたちは失った」とコメント。

演奏は東京フィルハーモニー交響楽団。指揮はスコアの復刻を担当した作曲家の和田薫、ピアノは近藤嘉宏が担当する。チケットのオフィシャル最速先行販売は8月5日まで受付中。一般販売は8月11日12:00からスタートする。

『砂の器』 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション
『砂の器』 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション
『砂の器』 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション
『砂の器』 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談