ニュース

国連関与疑惑の汚職事件を映画化 『バグダッド・スキャンダル』11月公開

映画『Backstabbing for Beginners』が『バグダッド・スキャンダル』の邦題で11月3日から東京・新宿のシネマカリテほか全国で順次公開される。

同作は、元国連職員のマイケル・スーサンが自身の体験をもとに執筆した小説『Backstabbing for Beginners』を映画化したもの。主人公の国連職員マイケルが担当する、イラクのクウェート侵攻に伴う経済制裁の影響で貧困にあえぐ、民間イラク人の救済を目的とした「石油・食料交換プログラム」に、サダム・フセイン大統領や国連、世界各国の企業や官僚機構が関与している疑惑が起こり、やがて巨額の汚職事件に発展していく、というあらすじだ。

国連事務次官の特別補佐官である主人公・マイケル役を演じたのは、『ダイバージェント』シリーズや『アンダーワールド』シリーズのテオ・ジェームズ。ジェームズは『バグダッド・スキャンダル』のエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねている。そのほかの出演者には、『ガンジー』で『第55回アカデミー賞』主演男優賞を受賞したベン・キングズレー、フランソワ・オゾンの新作『2重螺旋の恋人』に出演しているジャクリーン・ビセット、レイチェル・ウィルソンらが名を連ねる。監督は『ストックホルムでワルツを』で『第49回ゴールデン・ビートル賞』監督賞を受賞したペール・フライ。

「石油・食料交換プログラム」は、国連が管理するイラクの石油の販売金で食料を購入し、市民に配給するという支援計画。総額640億ドルという巨額の予算のため賄賂や不正が横行し、2003年に終了した。当時プログラムを管理していた国連事務次長のベノン・セバンの関与疑惑が後の調査で発覚したが、国連が調査協力を拒否したため、現在も全貌は明らかにされていない。

ハドソン研究所研究員の日高義樹は「OFFP(石油・食料交換プログラム)で大金を手にしたサダム・フセインのバース党幹部は、イラク戦争後シリアに逃れ、ISISを作り上げた。中東がとめどもない混乱に陥っているのは、このOFFPに端を発していると言って良い。この映画で国連の実態を知り、世界の現実について正しい認識を持ってほしい」とコメントを寄せている。

発表とあわせてポスタービジュアルが公開。登場人物の姿が投影されたカーテンをめくる手や、「200億ドルの巨額マネーはどこへ消えた!?」「国連史上最悪の政治スキャンダルがこれだ!」というキャッチコピーなどが確認できる。

『バグダッド・スキャンダル』ポスタービジュアル ©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『バグダッド・スキャンダル』ポスタービジュアル ©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察