棚田康司の個展『全裸と布』 木彫の新作裸婦像を発表

棚田康司の個展『全裸と布』が8月1日から東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催される。

日本古来の木彫技法である「一木造り」を用いて、少年や少女の像を制作してきた棚田康司。昨年7月から8月にかけて画家・O JUNとの2人展『鬩』を兵庫・伊丹市立美術館で開催した。

『全裸と布』展では、一見これまでの少年少女像とは異なる裸婦像を発表。わずかに上を向いた顎先や、力が入った足の指先など緊張感や母性を感じさせる新作の女性像が展示される。初日の8月1日にはオープニングレセプションを開催。

イベント情報

棚田康司
『全裸と布』

2018年8月1日(水)~9月1日(土) 会場:東京都 市ヶ谷 ミヅマアートギャラリー 時間:11:00~19:00 休廊日:日曜、月曜、祝日、8月11日(土)~15日(水)>
  • HOME
  • Art,Design
  • 棚田康司の個展『全裸と布』 木彫の新作裸婦像を発表

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて