ニュース

WACK×SWコラボZINE『FUCK and FUCK』創刊 裏方2万字インタビュー掲載

WACKとSWによるZINE『FUCK and FUCK BOYS and READ ver. Vol.1』が刊行される。

WACK代表の渡辺淳之介によって発案された『FUCK and FUCK』は、WACK所属グループを初期から追いかけているライター・編集者の西澤裕郎が立ち上げたSWが編集・発行を担当するZINE。毎号テーマを変え、定期的に発行予定で、SWの通販サイトで販売される。

創刊号となる『FUCK and FUCK BOYS and READ ver. Vol.1』は限定1000部のナンバリング入りとなり、渡辺淳之介、西澤裕郎に加え、WACK所属アーティストの衣装制作やオフィシャル写真を手掛ける外林健太、旧BiS時代からWACK関連グループを取材している音楽ライターの平賀哲雄の4人の生い立ちに迫る、約2万字におよぶインタビューが掲載される。題字はBiSHのグッズデザインなどを手掛けるFACEが担当した。現在SWの通販サイトでは同書の予約申し込みを受付中。発送は8月15日以降順次行なわれる。

9月には『FUCK and FUCK WACK 写真同好会 ver. Vol.1』が刊行予定。アユニ・D(BiSH)をモデルに、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、ココ・パーティン・ココ(GANG PARADE)、ペリ・ウブ(BiS)、渡辺淳之介、外林健太が撮り下ろした写真で構成されるという。

『FUCK and FUCK BOYS and READ ver. Vol.1』表紙
『FUCK and FUCK BOYS and READ ver. Vol.1』表紙
『FUCK and FUCK BOYS and READ ver. Vol.1』裏表紙
『FUCK and FUCK BOYS and READ ver. Vol.1』裏表紙
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲