丸尾丸一郎『さよなら鹿ハウス』10月刊行 舞台版に清水佐紀、玉川来夢ら

丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)の小説『さよなら鹿ハウス』が10月12日に刊行。あわせて舞台版の全キャストが発表された。

ポプラ社のPR小説誌『asta*』で連載中の『さよなら鹿ハウス』は、丸尾自身と劇団鹿殺しの上京物語を綴った自伝的小説。11月8日から東京の座・高円寺1、11月22日から大阪・梅田のHEP HALLで上演される舞台版では丸尾が作、演出を手掛け、丸尾役を渡部豪太が演じる。

出演が発表されたのは、浅野康之(劇団鹿殺し)、飛麿、岡田優、勝又啓太、笹海舟、清水佐紀(Berryz工房)、玉川来夢(ex.アイドリング!!!)、今井涼太、尾上武史、澤田美紀、椎名朱音、松本さえ子、椙山さと美(劇団鹿殺し)、鷺沼恵美子(劇団鹿殺し)。椙山と鷺沼はダブルキャストとなる。丸尾役の渡部以外の出演者は全てオーディションで選出された。

特典付きチケットの先行販売は8月25日12:00からスタート。一般販売は9月23日12:00から開始する。なお、本日8月15日から上演される劇団鹿殺しの音楽劇『俺の骨をあげる』の千秋楽となる8月19日の公演のライブビューイングを実施。詳細は劇団鹿殺しのオフィシャルサイトで確認しよう。

書籍情報

『さよなら鹿ハウス』

2018年10月12日(金)発売 著者:丸尾丸一郎 発行:ポプラ社
イベント情報

『さよなら鹿ハウス』

演出:丸尾丸一郎 音楽:オレノグラフィティ 出演: 渡部豪太 浅野康之(劇団鹿殺し) 飛麿 岡田優 勝又啓太 笹海舟 清水佐紀(Berryz工房) 玉川来夢(ex.アイドリング!!!) 今井涼太 尾上武史 澤田美紀 椎名朱音 松本さえ子 椙山さと美(劇団鹿殺し) 鷺沼恵美子(劇団鹿殺し) 東京公演 2018年11月8日(木)~11月18日(日)全12公演 会場:東京都 高円寺 座・高円寺1 大阪公演 2018年11月22日(木)~11月25日(日)全6公演 会場:大阪府 梅田 HEP HALL 料金:各公演 4,900円 U22券3,500円
  • HOME
  • Stage
  • 丸尾丸一郎『さよなら鹿ハウス』10月刊行 舞台版に清水佐紀、玉川来夢ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて