ニュース

三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開

サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より

三浦大知が出演する「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」の新CM「自然は、力だ。」篇が8月18日から放送される。

8月21日から1都10県で先行発売される「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」は、自然が育んだ素材と、苦味、強炭酸の刺激に着目して生まれたエナジードリンク。三浦大知をイメージキャラクターに起用し、「自然は、力だ。」というキャッチコピーのもとで同商品をPRするコミュニケーションを展開する。

CMは南アルプスの稜線を一望できる標高約2800メートルの山頂で撮影。三浦が朝日を浴びながら即興で振り付けたダンスをパフォーマンスする様子をドローンによって捉えている。CMソングには三浦の新曲“Be Myself”を起用。YouTubeでウェブ限定の60秒バージョンの映像も公開されている。

本番は通常のカメラ1台と空撮用のドローンカメラ1台を使用し、ダンスを踊る三浦の姿を約60秒間長回しで撮影。振付は三浦のアドリブで「自然からパワーを受けて、その場で感じたことを、体が動くままに任せて踊りました」と明かしている。また山頂は酸素濃度が下界の7~8割程度のため、三浦は酸素吸入や休憩の時間を設けながら撮影に臨んだという。

三浦大知のコメント

撮影の感想
平地で踊るよりも息苦しくて、『酸素薄いんだな』『山の上なんだな』と思いましたが、“自然は、力だ。”というメッセージの通り、自然のエナジーを感じながら踊ることができたと思います。目の前に広がる素晴らしい景色に、引っ張られるように踊ったというか。美しい南アルプスの山々から太陽が昇ってきてというロケーションがとても素敵でしたし、こんなところでなかなか踊れる機会もないので、すごく楽しかったです

山頂のロケーションについて
天然水のCMに出演されている宇多田ヒカルさんのインタビュー映像を拝見したんですが、その中で『サントリーの皆さんとは過酷な場所でしか会っていない』みたいな話をされていたので、僕も覚悟を決めていました(笑)。でも、途中までロープウェーもありましたし、山岳ガイドの方にも付き添っていただいたので、楽しく登ることができました。大変というよりは、山頂での撮影を含め、ワクワクの方が多かった気がしますね

山頂で踊る時に意識したこと
撮影する前から、考えた振り付けを踊るというよりは、目の前に広がる景色から何かを感じて、その場で自由に踊るのがいいと思っていました。基本は全部アドリブで、とにかく自然からエネルギー、パワーをもらって、踊ったという感じですね。内側から溢れるエネルギー、躍動感のあるダンスを楽しんでいただけたらと思います。

今回のオファーを聞いた時の感想
単純に嬉しいなと思いました。デジタルも駆使しつつ、アナログな自分たちの体や声を使って、何か新しい表現ができないかということは、チームでいつも考えていたので、今回のように自然のナチュラルなパワーと重ね合わせた映像表現にチャレンジできることは、とても嬉しかったです。



サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー新CM「自然は、力だ。」篇より
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年