ニュース

二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も

映画『翔んで埼玉』の特報とティザービジュアルが公開された。

魔夜峰央が1982年に発表し、2015年に『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』として復刊された同作は、埼玉県民が東京都民から迫害を受けて身を潜めて暮らしているという設定。東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美が、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗と出会い互いに惹かれあうが、麗が埼玉県出身だったことで、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれるというあらすじだ。壇ノ浦百美役を二階堂ふみ、麻実麗役をGACKTが演じる。クランクアップは5月31日、公開は来年2月22日。

特報では、「今でも通行手形がなきゃ町も歩けないのよ」など「埼玉県人」を迫害する数々のセリフや、麻実麗がトンネルを駆け抜ける場面、壇ノ浦百美の「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」というセリフ、加藤諒演じる東京で働くことを夢見る埼玉県人が「これ食べてみろ」と草を差し出すシーンなどが確認できる。あわせて公開されたティザービジュアルには「埼玉の皆様 映画化してゴメンなさい。」というキャッチコピーと共に壇ノ浦百美、麻実麗が頭を下げている姿が写し出されている。

『翔んで埼玉』ティザービジュアル ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
『翔んで埼玉』ティザービジュアル ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
左から二階堂ふみ、GACKT ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
左から二階堂ふみ、GACKT ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
『翔んで埼玉』ロゴ ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
『翔んで埼玉』ロゴ ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開