ニュース

内野聖陽主演、サントリー創業者モデルのテレ東『琥珀の夢』に檀れいら

左上から時計回りに檀れい、生瀬勝久、大東駿介、原田美枝子、中村梅雀、渡邉蒼 ©テレビ東京
左上から時計回りに檀れい、生瀬勝久、大東駿介、原田美枝子、中村梅雀、渡邉蒼 ©テレビ東京

テレビ東京のドラマ『琥珀の夢』の放送日が10月5日に決定。あわせて追加キャストが発表された。

同作は、明治、大正、昭和という激動の時代を背景にサントリーの創業者・鳥井信治郎の人生を描いた伊集院静の初企業小説『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』が原作。ドラマ版では鳥井信治郎をモデルにした架空の人物・鳴江萬治郎が、日本初のウイスキー造りに心血を注ぎ、やがて日本一の洋酒メーカー「暁屋」の創業者になる姿を描く。萬治郎役に内野聖陽がキャスティング。

今回出演が発表されたのは、檀れい、生瀬勝久、大東駿介、渡邉蒼、中村梅雀、原田美枝子。檀は萬治郎の妻・サト役、生瀬は萬治郎の兄・千恵蔵役、大東は萬治郎とサト夫妻の長男・寿太郎役、渡邉は幼少時代の萬治郎役、中村は萬治郎の父・義兵衛役、原田は萬治郎の母・ちよ役をそれぞれ演じる。

檀は「1人の日本人の生き様を熱く描いた物語。観ていただければ、きっと誰もが萬治郎に惚れ、誇りに思うはず。今を生きる人々の胸にも響く『琥珀の夢』をぜひご覧ください」、生瀬は「内野さんはああやろう、こうやろうという言葉ではなくて、“変化球を投げるけど受けて返してね”みたいなことが感覚的にできる俳優さんなので、一緒にお芝居ができて楽しかったです」、大東は「ウイスキーひとつに、こんなにもドラマチックな物語がある。この作品を通して、モノづくりの原点や、生きるとは何ぞやというのを感じました」とそれぞれコメント。

また渡邉は「萬治郎は直感的に動くタイプですが、周りの人の事も放っておけない優しさがあります。そのため1人で考え込む複雑な心境のシーンも多く難しかったですが、萬治郎の気持ちが観ている人に伝わるよう頑張って演じました」、中村は「私が演じた義兵衛は、自分の人生への反省から、息子・萬治郎の人生の出発点を力強く後押ししました。その“思い”を大切にしながら演じました。義兵衛が萬治郎に向かって言う『やってみなはれ』が、皆さんの印象に深く残ってくれると嬉しいです」、原田は「このドラマには良いセリフがたくさんありますが、印象的だったのが『生き金と死に金があってな…』というちよのセリフ。自分の欲でやることは死に金なんだ、それは本当にいいことじゃないんだ、ということを幼い萬治郎に話すのですが、それは商人の魂であり、人としての生き方でもあるので、そういうことをストーンと言えるお母さんって、シンプルにいいなと思いました」と述べている。

檀れいのコメント

明治・大正・昭和と日本が変化していく時代に、主人公・萬治郎の夢を叶えるエネルギーの強さに圧倒されました。そして台本を読み進めていけばいくほど、萬治郎の熱い思いと人に対する優しさに触れ、溢れる涙が止まりませんでした。そんな萬治郎の奥さん役を演じさせていただくことは、この上ない喜びであり、少しでも良い作品になればと撮影に臨みました。萬治郎は情熱の塊みたいな人。その萬治郎を演じる内野さんの作品に対する思いも強く、エネルギッシュな萬治郎を表現するために、台本にはないアドリブやアイディアをリハーサルでされます。それは私が驚かされることばかりでしたが、内野さんがシーン1つ1つをどのように演じられるのか、ワクワクする日々でもありました。そんな内野さんのお芝居に寄り添えるよう、温かく夫を支える妻であるよう、私も1つ1つのシーンを丁寧に演じました。1人の日本人の生き様を熱く描いた物語。観ていただければ、きっと誰もが萬治郎に惚れ、誇りに思うはず。今を生きる人々の胸にも響く「琥珀の夢」をぜひご覧ください。

生瀬勝久のコメント

このドラマは大阪が舞台。僕は関西出身(兵庫県)なので、モデルとなった企業にはもともと親近感があったのですが、意外と知らないことも多かったので、それを知るいい機会になりました。千恵蔵にとって萬治郎は自慢の弟だったと思いますね。自分にないものをたくさん持っていて、自分では二の足を踏むことを、彼ならば突き進んでやってくれる。それを見込んでいたからこそ、お金を渡して自由にさせた。萬治郎も千恵蔵に感謝していたと思います。みんな同じじゃなくて、いろんな人がいたからこそ、この家族は幸せだったんじゃないかと思います。内野さんとは彼の初舞台「女たちの十二夜」で共演して以来、約20年ぶりの共演でした。同じ作品に出たことはあるのですが、お芝居での絡みがなくて、久々の共演が不安でもあり、楽しみでもありました。ドラマとしては初共演作と言えるかもしれません。僕は普段からあまり役作りをしないので、今回も内野さん演じる萬治郎に対して千恵蔵がどうサポートし、叱咤激励するのかという関係性だけで演じました。彼の関西弁のサポートも含めて。そういう関係性はよかったと思いますね。内野さんはああやろう、こうやろうという言葉ではなくて、“変化球を投げるけど受けて返してね”みたいなことが感覚的にできる俳優さんなので、一緒にお芝居ができて楽しかったです。「琥珀の夢」は、このキャストでしかできないドラマ。萬治郎の立身出世を温かく見守り、楽しんでいただけたらと思います。

大東駿介のコメント

時代を作る意識、時代を変える意識、時代を背負う意識を主人公・萬治郎に感じたと同時に、何もないところから何かを生み出す時代のエネルギーの力強さに感銘を受けました。今の時代には経験できない、その時代ならではの熱量を体験できるのが役者の醍醐味。今回、そうした時代の物語というのはもちろん、内野さんと再共演できることが何より楽しみでした。内野さんは演じる人物の命の熱量をとても大事に演じられる方。
ハっとさせられるようなことも多いので、一緒に演じていて気持ちがいいです。寿太郎から見た父・萬治郎はドエライ人。こんな人が傍にいたら、周りの人の人生も変わるだろうと思いますね。意識していたのは“親父の背中”、それに尽きます。萬治郎の生き方は、とにかく破天荒。成功するかどうかわからない大きな賭けに勝算をもって挑めるってすごいと思うんですよ。自分がこうあるべきだと思うことに対して、ひたすら突き進む生き方をする教訓のような男。そんな人の息子ってどんなだろうというのはすごく意識して演じていました。ウイスキーひとつに、こんなにもドラマチックな物語がある。この作品を通して、モノづくりの原点や、生きるとは何ぞやというのを感じました。そして、お酒ってロマンチックだな、とも。こうした背景に目を向けると、自分の周りに当たり前にあるモノの景色が変わってくると思うので、新しい時代に向かう中で、このドラマが僕たちの時代の基盤はどこにあったのかということを見直すきっかけになればと思います。

渡邉蒼のコメント

萬治郎は直感的に動くタイプですが、周りの人の事も放っておけない優しさがあります。そのため1人で考え込む複雑な心境のシーンも多く難しかったですが、萬治郎の気持ちが観ている人に伝わるよう頑張って演じました。このドラマは登場人物の絆や一生懸命さに背中を押されるような作品。辛いことがあっても仲間や家族のため、そして夢のために、難しい挑戦をする主人公たちに感動すること間違いなしです!

中村梅雀のコメント

「琥珀の夢」という作品に、偉大な創始者となる主人公・鳴江萬治郎の不屈のパワーを感じました。
私が演じた義兵衛は、自分の人生への反省から、息子・萬治郎の人生の出発点を力強く後押ししました。その“思い”を大切にしながら演じました。義兵衛が萬治郎に向かって言う「やってみなはれ」が、皆さんの印象に深く残ってくれると嬉しいです。

原田美枝子のコメント

何かを一代で築き上げる人って違うんだなと思いましたね、勢いとか勘とか巡り合う人とか…。この物語の主人公・萬治郎は、ちよに言わせれば「聞かんぼう」ですが、それぐらいじゃないと何かを成せなかったと思います。お兄ちゃん(千恵蔵)は優しくていい子、そのお兄ちゃんにはない良さや突拍子もないことをやってしまう力、感性が萬治郎にはあった。そんなところも、ちよは愛しかったのだと思います。このドラマには良いセリフがたくさんありますが、印象的だったのが「生き金と死に金があってな…」というちよのセリフ。自分の欲でやることは死に金なんだ、それは本当にいいことじゃないんだ、ということを幼い萬治郎に話すのですが、それは商人の魂であり、人としての生き方でもあるので、そういうことをストーンと言えるお母さんって、シンプルにいいなと思いました。良いセリフが1個でもあれば演じる側も楽しくなりますから、今回ちよ役を演じられて嬉しかったです。このドラマのモデルとなった企業は進行形で発展していますが、創始者の思いというのは続いていくものだと思います。創始者がどうであったか、その思いをどう受け継いでいるかというのはとても大事なこと。それが現代も生かされているというのは素敵なことだと思います。ぜひこのドラマを観て、萬治郎という人物を楽しんでください。

『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
『琥珀の夢』 ©テレビ東京
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと