有村架純が鉄道運転士 映画『かぞくいろ』予告編公開、斉藤和義の主題歌も

映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

予告編では斉藤和義が書き下ろした主題歌“カラー”の一部が初公開。有村架純演じる晶に対し、亡き夫の連れ子である駿也が「晶ちゃんがいなくなったらよかったのに」と言い放つシーンや、制服を着た晶が鉄道の運転士の訓練をする様子、青木崇高演じる晶の夫・修平の姿、國村隼演じる修平の父・節夫が修平の遺影に語りかけるシーンなどが確認できる。

あわせて公開されたポスタービジュアルには肥薩おれんじ鉄道が走る九州の海岸の風景や、晶、駿也、節夫の姿、「もう一度つくれますか?いちど失くした家族。」とのコピーが記されている。

11月30日から公開される『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』は、地方のローカル線を舞台にした『RAILWAYS』シリーズの新作。突然夫を亡くし、9歳の連れ子・駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かった晶が、鉄道運転士の義父・節夫との共同生活を始め、亡き夫・修平の子供の頃の夢でもある鉄道の運転士の面接試験を受けることを決意するというあらすじだ。

作品情報

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』

2018年11月30日(金)から全国公開
監督・脚本:吉田康弘 主題歌:斉藤和義“カラー” 出演: 有村架純 國村隼 桜庭ななみ 歸山竜成 木下ほうか 筒井真理子 板尾創路 青木崇高 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 有村架純が鉄道運転士 映画『かぞくいろ』予告編公開、斉藤和義の主題歌も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて