ニュース

トム・ヨークの新アルバム10月発売 映画『サスペリア』の音楽集、音源公開

トム・ヨーク Credit: Greg Williams
トム・ヨーク Credit: Greg Williams

トム・ヨークのニューアルバム『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』が、10月26日にリリースされる。

同作は、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督の新作映画『サスペリア(原題)』のためにトム・ヨークが書き下ろした25曲を収録。トム・ヨークは『サスペリア(原題)』の全ての音楽を手掛けており、アルバムにはインストゥルメンタル曲だけでなく、“Unmade”“Has Ended”“Suspirium”といった自身のボーカルをフィーチャーした楽曲も収められる。

作曲とアレンジはトム・ヨークが担当し、レコーディングとプロデュースはトム・ヨークとサム・ペッツ・デイヴィスによるもの。ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊も参加しているほか、トム・ヨークの息子であるノア・ヨークが“Has Ended”“Volk”でドラムを演奏。“Suspirium”にはパーシャ・マンスロブがソロフルートで参加している。またピアノやボーカルのバラードは「1977年のベルリン」という映画の設定からインスピレーションを受けたクラウトロック風なモジュラーシンセ曲や多層のボーカル、恐怖、憧れ、哀愁を伝えるメロディーが融合された音楽になっているという。

『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』の日本盤は2枚組CDとなり、歌詞対訳と解説書が封入。数量限定でオリジナルTシャツとのセット販売も行なわれる。今回の発表とあわせて“Suspirium”の音源がYouTubeで公開された。iTunes Storeでアルバムを予約すると同曲がダウンロードできる。

『サスペリア(原題)』は、1977年に公開されたダリオ・アルジェント監督による同名映画のリメイク。ルカ・グァダニーノ監督は「14歳で初めて『サスペリア』を観たときから大ファン。自分ならではの解釈で映画化したかった」と同作にかける思いを明かしている。

なお同作は現在開催中の『第75回ヴェネチア国際映画祭』で現地時間の9月1日に公式上映が行なわれ、ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ、トム・ヨーク、ルカ・グァダニーノ監督がレッドカーペットに登場。上映時には約8分間におよぶスタンディングオベーションが起きる一方で、衝撃的な内容からブーイングも聞こえるなどの反響を呼んだ。日本公開は2019年1月。

トム・ヨーク『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』収録内容

[CD1]
1. A Storm That Took Everything
2. The Hooks
3. Suspirium
4. Belongings Thrown in a River
5. Has Ended
6. Klemperer Walks
7. Open Again
8. Sabbath Incantation
9. The Inevitable Pull
10. Olga’s Destruction (Volk tape)
11. The conjuring of Anke
12. A light green
13. Unmade
14. The Jumps
[CD2]
1. Volk
2. The Universe is Indifferent
3. The Balance of Things
4. A Soft Hand Across your Face
5. Suspirium Finale
6. A Choir of One
7. Synthesizer Speaks
8. The Room of Compartments
9. An Audition
10. Voiceless Terror
11. The Epilogue

トム・ヨーク『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』ジャケット
トム・ヨーク『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信