ニュース

アニメ映画『グリンチ』吹替声優に杏、ロバート秋山、横溝菜帆、宮野真守

左から宮野真守、杏、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆 ©2018 UNIVERSAL STUDIOS
左から宮野真守、杏、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆 ©2018 UNIVERSAL STUDIOS

12月14日公開のアニメーション映画『グリンチ』の新たな日本語吹き替え版声優が発表された。

ドクター・スースの同名絵本が原作の『グリンチ』は、全身緑色で赤いマフラーがトレードマークのキャラクター・グリンチを描いた作品。小さな頃は純粋でかわいかったグリンチが、ひねくれ者として大人になり、周りの村人たちに意地悪を働きながら暮らす中で、ある日村人たちからクリスマスを盗もうと計画する、というあらすじだ。製作は『ミニオン』シリーズや『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテインメント。吹き替え版ではグリンチの声を大泉洋が担当する。

今回発表されたのは、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆、杏、宮野真守。秋山はグリンチのことを親友だと思っているクリスマスが大好きな陽気な隣人ブリクルバウム役、横溝はある願いを叶えるためにクリスマスを心待ちにしているシンディ・ルー役、杏はシンディの母ドナ役、宮野はグリンチを温かく見守るナレーター役を演じる。

杏は「家族の温かさ、人と人とのつながりの大事さという、普段思っていることを再確認できるような映画。ぜひこのシーズンにみんなで共有したい作品です!」、秋山は「このブリクルバウムは今まで自分が演じたことのない独特なキャラです。でもすごい楽しいキャラクターでした。とにかく笑うキャラです。セリフの隙間に全部笑い声を挟みました」とそれぞれコメント。

横溝は「シンディ・ルーは、正義感が強く、とても思いやりのある女の子です。みなさんに楽しんで観てもらえるように、私もシンディ・ルーになりきって、頑張ります!!」、宮野は「この度、イルミネーションの最新作『グリンチ』に出演できること、本当に嬉しく思います。しかも、僕が担当させていただく『ナレーター』は、作品において、とても重要なポジションだとお伺いしました。大事な役割を任せていただき、心より光栄です」と述べている。

杏のコメント

私が演じさせていただいたドナというキャラクターは双子の赤ちゃんと一人の女の子の親という、家事に育児に仕事に大忙しというお母さんの役です。いつでも子供のことを考えていて、深い愛情を注いでいるとても素敵な家族の姿だなと思います。そしてこの映画はクリスマスが題材ということで、全編とても素敵な風景が続いています。家族の温かさ、人と人とのつながりの大事さという、普段思っていることを再確認できるような映画。ぜひこのシーズンにみんなで共有したい作品です!

秋山竜次(ロバート)のコメント

クリスマスが大好きな皆さん、こんにちは。ブリクルバウム役の秋山竜次です。このブリクルバウムは今まで自分が演じたことのない独特なキャラです。でもすごい楽しいキャラクターでした。とにかく笑うキャラです。セリフの隙間に全部笑い声を挟みました。こんなに入れていいのかっていうくらい隙間に笑い声を挟みました。独特すぎるキャラで楽しんで役作りを致しました。家族みんなで楽しめる映画になっていると思います。映画『グリンチ』、劇場で見て楽しんでくださいね。

横溝菜帆のコメント

私は、イルミネーションの作品が大好きです。なので、今回この作品の出演が決まって、とっても嬉しいです!
しかし、アニメーション映画のアフレコは初めてなので、とってもドキドキしています。
シンディ・ルーは、正義感が強く、とても思いやりのある女の子です。みなさんに楽しんで観てもらえるように、私もシンディ・ルーになりきって、頑張ります!!

宮野真守のコメント

この度、イルミネーションの最新作「グリンチ」に出演できること、本当に嬉しく思います。しかも、僕が担当させていただく「ナレーター」は、作品において、とても重要なポジションだとお伺いしました。大事な役割を任せていただき、心より光栄です。とても緊張しますが、この素敵な世界観を、しっかり表現できるよう臨みますので、是非、映画の公開を楽しみに待っていてください!

ブリクルバウム ©2018 UNIVERSAL STUDIOS
ブリクルバウム ©2018 UNIVERSAL STUDIOS
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー