ニュース

横浜流星×中尾暢樹W主演 朝井リョウ『チア男子!!』実写映画化、来夏公開

左から横浜流星、中尾暢樹 ©朝井リョウ/集英社・LET'S GO BREAKERS PROJECT
左から横浜流星、中尾暢樹 ©朝井リョウ/集英社・LET'S GO BREAKERS PROJECT

朝井リョウ原作の小説『チア男子!!』が実写映画化。2019年初夏に公開される。

朝井リョウにとってデビュー作『桐島、部活やめるってよ』に続く2作目の小説『チア男子!!』は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年生の晴希が怪我をきっかけに柔道をやめ、幼なじみの一馬と共に男子チアチームの結成を目指す様子を描いた青春小説。これまでに漫画化、テレビアニメ化、舞台化されてきた。

今回の映画版では、柔道一家の中で姉に届かない自分の才能に苦悩し、男子チアの世界に飛び込む晴希役に横浜流星、男子チアチーム「BREAKERS」の発起人・一馬役に中尾暢樹(D-BOYS)がキャスティング。横浜と中尾のダブル主演となる。3か月以上の練習を経て今月からクランクイン。監督は、映画『帝一の國』『恋は雨上がりのように』のスピンオフドラマや短編映画『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』内の『屋上のおばけ』を手掛けた風間太樹が務めた。

横浜は「初めて台本を読んだとき、仲間と何かに熱中することのすばらしさを感じました。僕は個人競技の空手をやっていたので、今回みんなと一緒に同じ目標に向かってチアに挑戦することができて嬉しいです」、中尾は「挑戦する勇気、がむしゃらに努力する事の大切さ、チアの楽しさを感じて欲しいです。僕たちの熱い青春映画、楽しみにしていてください!」とそれぞれコメント。

また原作者の朝井リョウは「これまで何度か実写化の企画が立ち上がっては『俳優陣がチアリーディングを実演することが難しい』という理由で頓挫し続けてきた作品です。そのため、キャストはもちろん監督も二十代という若いチームで製作されると聞いたときは、喜びより先にその巨大なチャレンジ精神を見上げる思いでした」、風間太樹監督は「これまでの自分に変化を求め、乗り越え、汗を飛ばしてチアリーディングに臨む『チア男子!!』の7人。3ヶ月間の練習に耐え、肉体的な『痛み』や『喜び』を実感し、その経験からキャラクターに息を吹き込んだキャストの表情のはしばしから、強い決意を感じます」と述べている。

朝井リョウのコメント

これまで何度か実写化の企画が立ち上がっては「俳優陣がチアリーディングを実演することが難しい」という理由で頓挫し続けてきた作品です。そのため、キャストはもちろん監督も二十代という若いチームで製作されると聞いたときは、喜びより先にその巨大なチャレンジ精神を見上げる思いでした。十年近く前に執筆した作品を次世代の方々がどんな風に生まれ変わらせてくれるのか。その機会に恵まれた幸運に感謝しつつ、完成を楽しみに待ちたいと思います。

風間太樹監督のコメント

これまでの自分に変化を求め、乗り越え、汗を飛ばしてチアリーディングに臨む『チア男子!!』の7人。3ヶ月間の練習に耐え、肉体的な「痛み」や「喜び」を実感し、その経験からキャラクターに息を吹き込んだキャストの表情のはしばしから、強い決意を感じます。「何かを思い切って辞めて、新しいことを始める」ことだったり「昨日できなかった事への挑戦の意志」だったり「好きなことに素直になる」ことだったり、映画『チア男子!!』は青春の最中にある彼ら7人分の葛藤が渦巻く物語です。
そんな彼らと手を携えて、あなたの背中をそっと押してあげられるような、花火のように儚い情熱的な青春の時間を生きて、胸の奥に暖かさを感じられるような映画にしたいと思っています。

横浜流星のコメント

初めて台本を読んだとき、仲間と何かに熱中することのすばらしさを感じました。僕は個人競技の空手をやっていたので、今回みんなと一緒に同じ目標に向かってチアに挑戦することができて嬉しいです。 また、今回作品のモデルとなっているSHOCKERSの方々の演技を観させて頂いたとき、改めて「応援」の力は素晴らしいと感じました。そんなSHOCKERSの方々に恥じない演技を7人で披露し、僕たちの応援を届けたいと思います。
そして悩みながらも、信じた仲間と共に青春を過ごし、目標に向かって仲間と共に一生懸命に取り組む姿を全力で演じるので、何かに挑戦する人の背中を押すことができると嬉しいです!

中尾暢樹(D-BOYS)のコメント

原作を読んだ時、みんなでがむしゃらになって一つの物を作り上げていく事の尊さ。努力する事、諦めない事の大切さ。とともに青春の色んな情景が浮かび上がってとても楽しみになりました。
チアを自分がやると知った時は驚きました。最初はバク転も側転もできない状態からのスタートし、数ヶ月間、歳の近い仲間達と部活の様に練習しながらだんだんと形になってきています。練習はまさに映画のワンシーンのように仲間たちと熱い夏の青春を過ごしているので、それをこれからの撮影で出していけたら絶対に素敵な作品になると思っています。
挑戦する勇気、がむしゃらに努力する事の大切さ、チアの楽しさを感じて欲しいです。僕たちの熱い青春映画、楽しみにしていてください!

朝井リョウ『チア男子!!』表紙 ©朝井リョウ/集英社
朝井リョウ『チア男子!!』表紙 ©朝井リョウ/集英社
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら