ニュース

フランシス・フォード・コッポラが映画と半生を語る書籍、日本語版が刊行

書籍『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る ライブ・シネマ、そして映画の未来』が、9月25日に刊行される。

映画『地獄の黙示録』『ゴッドファーザー』シリーズなど、これまでに多数の作品を発表しているコッポラ。同書は「映画、テレビ、演劇が混在し合ったものとしての映画」の新たな可能性を押し広げるために立ち上げられ、コッポラの最後のプロジェクトと言われる「ライブ・シネマ」に関する構想を通して、コッポラの私的な映像史を巡ったもの。

書籍は13の章で構成。自身の生い立ちや、幼年時代の映画・テレビとの出会い、これまでの映画との向き合い方、映像制作における実践、最先端技術との格闘などについて語られている。また、付録としてオクラホマシティコミュニティカレッジの「ライブ・シネマ」プロダクション日誌や、本書関連用語解説、『ライブ・シネマ』のキャスト、スタッフ一覧表が付属する。翻訳は『宮崎駿 夢と呪いの創造力』などの著作を持つ南波克行が手掛けた。映画監督のウィリアム・フリードキン、「本書はコッポラの自伝的要素と、映画とテレビをめぐる彼の百科全書的な知識、そして映画の新しい言語へと至ろうとする彼の創造的なプロセスが混ざり合った一冊だ」とコメント。映画編集技師のウォルター・マーチは「金鉱のような書物であるとともに、きわめて個人的な心情の書でもあり、そして映画/演劇/テレビの未来へと向かうロケットのようでもある」と述べている。

ウォルター・マーチのコメント

本書は、金鉱のような書物であるとともに、きわめて個人的な心情の書でもあり、そして映画/演劇/テレビの未来へと向かうロケットのようでもある。さらに本書は親密さに満ちた告白でもあれば、脚本執筆や演出、俳優、リハーサル、画期的なテクニックと映画言語への希望に満ちた、コッポラが60年をかけて蓄積した知識の倉庫に入るための魔法の鍵でもある。

ウィリアム・フリードキンのコメント

この回想や日記、そして教則的な側面を含む驚くべき書物において、新しいストーリーテリングの方法を探求させるための活力を、フランシス・フォード・コッポラは自身と読者に与える。本書はコッポラの自伝的要素と、映画とテレビをめぐる彼の百科全書的な知識、そして映画の新しい言語へと至ろうとする彼の創造的なプロセスが混ざり合った一冊だ。

フランシス・フォード・コッポラ『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る ライブ・シネマ、そして映画の未来』表紙
フランシス・フォード・コッポラ『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る ライブ・シネマ、そして映画の未来』表紙
フランシス・フォード・コッポラ『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る ライブ・シネマ、そして映画の未来』より
フランシス・フォード・コッポラ『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る ライブ・シネマ、そして映画の未来』より
フランシス・フォード・コッポラ『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る ライブ・シネマ、そして映画の未来』より
フランシス・フォード・コッポラ『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る ライブ・シネマ、そして映画の未来』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら