ニュース

『ここは退屈迎えに来て』橋本愛の制服姿公開&バンクーバー国際映画祭出品

『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

映画『ここは退屈迎えに来て』が『第37回バンクーバー国際映画祭』に出品されることが発表。あわせて新たな場面写真が公開された。

10月19日から公開される同作は、山内マリコによる連作小説集が原作。上京して10年後に地元に戻り、フリーライターとして冴えない日々を送る27歳の「私」役を橋本愛、元恋人「椎名くん」を忘れられないまま地元で暮らすフリーターの「あたし」役を門脇麦、高校時代に女子生徒の憧れの的だった「椎名くん」役を成田凌が演じるほか、渡辺大知(黒猫チェルシー)、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳らが共演者に名を連ねる。メガホンを取ったのは廣木隆一。

『第37回バンクーバー国際映画祭』は9月27日からカナダのバンクーバーで開催。『ここは退屈迎えに来て』はゲートウェイ部門に正式出品される。今回の出品について廣木監督は「何者でもない自分を共有出来る映画だと思います。久々のバンクーバーでどんな反応かまた皆さんと出会えるのも楽しみです」とコメント。10月9日、10日には廣木監督、橋本愛が登壇する舞台挨拶の実施を予定している。

場面写真には、「椎名くん」たちにゲームセンターに誘われた「私」と柳ゆり菜演じる親友サツキの姿や、制服姿の「私」が水しぶきを上げながらプールではしゃぐ様子などが写し出されている。

廣木隆一監督のコメント

誰もが通る時間、通った時間。自分は何者でもない時間。そんな悲しく煩わしく素敵な時間を一緒に体現できる映画だと思います。何者でもない自分を共有出来る映画だと思います。久々のバンクーバーでどんな反応かまた皆さんと出会えるのも楽しみです。

『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』 ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い