5月に逝去の星由里子が『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』出演

2019年春に公開される映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』に、今年5月に逝去した星由里子が出演していることが発表された。

『娚の一生』『姉の結婚』などで知られる西炯子の漫画『お父さん、チビがいなくなりました』を実写化する同作。結婚して44年の夫・勝と飼い猫・チビと暮らしている有喜子が、長年抱えてきた不安から離婚を決意する中で、心の拠り所だったチビが姿を消してしまう、というあらすじだ。妻・有喜子役を倍賞千恵子、夫・勝役を藤竜也、有喜子から離婚の意思を打ち明けられる娘・菜穂子役を市川実日子が演じる。監督は『毎日かあさん』『マエストロ!』の小林聖太郎。

星が演じたのは、有喜子が結婚前に働いていたミルクスタンドの同僚・志津子。夫婦の関係に波風を起こす重要なキャラクターだ。

星は同作で倍賞千恵子、藤竜也と初共演。クランクアップ後のインタビューでは「昔は松竹の女優さんで共演することはなかった倍賞さんとご一緒できるということで、とても楽しみにしていました。藤さんも初共演でしたけど、ウィットに富んだ素敵な男性で。とても楽しいお仕事でした」と撮影を振り返っている。

星の出演は9月14日に行なわれた『星由里子を偲ぶ会』で発表。星にとって『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』が遺作となった。

星由里子のコメント

昔は松竹の女優さんで共演することはなかった倍賞さんとご一緒できるということで、とても楽しみにしていました。藤さんも初共演でしたけど、ウィットに富んだ素敵な男性で。とても楽しいお仕事でした。この映画は、可愛い猫も主役のひとりですが、老夫婦の孤独と深い愛を描いた映画だと思います。若い方々は自分の両親もそうなのかなとか、感じてくれたら嬉しいですし、同世代の方々は、私達が歳を重ねた姿を見て、懐かしく心温まるものを感じてくれたら嬉しいなと思います。

作品情報

『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』

2019年春に全国公開
監督:小林聖太郎 脚本:本調有香 原作:西炯子『お父さん、チビがいなくなりました』(小学館フラワーコミックスα) 出演: 倍賞千恵子 藤竜也 市川実日子 星由里子 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 5月に逝去の星由里子が『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて