デジタルアートと電子音楽の祭典『MUTEK.JP 2018』、第1弾発表で22組

デジタルアートと電子音楽のイベント『MUTEK.JP 2018』の第1弾出演者が発表された。

『MUTEK』は2000年にカナダ・モントリオールでスタートしたイベント。『MUTEK.JP』は、2016年に日本の文化と芸術を世界に向けて発信するためのプラットフォームとして立ち上げられ、同年イベントを初開催した。3回目を迎える今回は「BLOCK UNIVERSE」をテーマに据え、11月1日から4日まで東京・青海の日本科学未来館、渋谷のWWW、WWW X、代官山のUNITで行なわれる。

『MUTEK.JP 2018』では、デジタルアートのインスタレーションや、出展メーカーの最新機材とテクノロジーを駆使した体験型コーナー、「デジタルクリエイティビティ」を題材にしたカンファレンス、女性が活躍するプラットフォームの確立を目的としたシンポジウム、映像・音楽ソフトウェアの無料ワークショップ、オーディオ・ビジュアルアーティストによるライブパフォーマンスといったプログラムが展開。関連イベントとして、11月2日に音楽メディア「Resident Advisor」とのコラボイベント『MUTEK.JP×RA』が開催される。

第1弾出演者として発表されたのは、ジェフ・ミルズとマイク・バンクスによるX-102、アイシャ・デヴィ、アレクサンドル・バートン&ジュリアン・ロイ(artificiel)、ベン・フロスト&MFO、Colleen、真鍋大度+堀井哲史(Rhizomatiks Research)、Fatima Al Qadiri、Filastine & Nova、Electric Indigo、Intercity-Express、Kyoka、Lemna、machìna & Shohei Fujimoto、マーティン・メシエ&YRO、藤田正嘉、ミケーラ・ペルシオ、ニコラ・クルース、ポール・ジェバナサム&タリク・バリ、Sapphire Slows、ソル・デル・リオ、SUGAI KEN、山本信一+瀬賀誠一&Intercity-Expressの22組。今後も追加出演者の発表を予定している。

チケットは11月2日、11月3日、11月4日の3日間、全会場に入場可能な「先行3日全会場通し券」と、オリジナルVRゴーグル、ライブコンテンツを含む「先行3日全会場通しハコスコ同梱MUTEKパスポート」の2種類が販売中。ハコスコは360度のライブ映像や『MUTEK』オリジナルコンテンツなどが視聴できる。

イベント情報

『MUTEK.JP 2018』

2018年11月1日(木)~11月4日(日) 会場:東京都 青海 日本科学未来館、渋谷 WWW、WWW X、代官山 UNIT
出演 アイシャ・デヴィ アレクサンドル・バートン&ジュリアン・ロイ(artificiel) ベン・フロスト&MFO Colleen 真鍋大度+堀井哲史(Rhizomatiks Research) Fatima Al Qadiri Filastine & Nova Electric Indigo Intercity-Express Kyoka Lemna machìna & Shohei Fujimoto マーティン・メシエ&YRO 藤田正嘉 ミケーラ・ペルシオ ニコラ・クルース ポール・ジェバナサム&タリク・バリ サファイア・ソロウズ ソル・デル・リオ SUGAI KEN 山本信一+瀬賀誠一&Intercity-Express X-102(ジェフ・ミルズ&マイク・バンクス) and more 料金:先行3日全会場通し券20,000円 先行3日全会場通しハコスコ同梱MUTEKパスポート23,000円
  • HOME
  • Music
  • デジタルアートと電子音楽の祭典『MUTEK.JP 2018』、第1弾発表で22組

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて