ニュース

「1968年」を回顧する展覧会に赤瀬川原平、横尾忠則、唐十郎、寺山修司ら

娑婆留闘社『獄送激画通信(三)』1970年 千葉市美術館蔵 ©1970 Akasegawa Genpei
娑婆留闘社『獄送激画通信(三)』1970年 千葉市美術館蔵 ©1970 Akasegawa Genpei

展覧会『1968年 激動の時代の芸術』が、11月11日まで千葉・千葉市美術館で開催されている。

「全学共闘会議」や「ベトナム反戦運動」などが行なわれた「1968年」の芸術状況を回顧する同展。会場は「激動の1968年」「1968年の現代美術」「領域を超える芸術」「新世代の台頭」の4つのセクションで構成され、絵画、写真、立体、トリックアートなど現代美術を中心に約400点を紹介する。また1968年にオープンし、三島由紀夫や川端康成、澁澤龍彦らが訪れたというサイケデリックディスコ「MUGEN」のライティングショーを、MUGENのプロデューサー浜野安宏の協力のもとマルチプロジェクションで再現。

出展作家は、磯崎新、赤瀬川原平、高松次郎、ゼロ次元、横尾忠則、宇野亜喜良、寺山修司、唐十郎、シュウゾウ・アヅチ・ガリバー、土方巽、林静一、森山大道、関根伸夫、田名網敬一ら。

9月29日にはシュウゾウ・アヅチ・ガリバーらによる講演会とパフォーマンス『し・C・4―ガリバー1968を語る』、10月6日には堀浩哉による講演会『1968年前衛の終焉―美共闘 廃墟からの出発』、10月20日には浜野安宏による講演会『サイケのHAMANO、サイケとその後の世界を語る』を実施。10月27日には足立正生監督作『略称・連続射殺魔』、11月4日には大島渚監督作『新宿泥棒日記』の上映が行なわれる。参加方法などの詳細は千葉市美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

横尾忠則『新宿泥棒日記』1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則
横尾忠則『新宿泥棒日記』1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則
田名網敬一『ジェファーソン・エアプレイン ヒッピーの主張』1968年 NANZUKA蔵
田名網敬一『ジェファーソン・エアプレイン ヒッピーの主張』1968年 NANZUKA蔵
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる