ニュース

西炯子原作映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』全キャスト発表

『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』追加キャストビジュアル ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』追加キャストビジュアル ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会

映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の全キャストが発表された。

原作は『娚の一生』『姉の結婚』などを手掛けてきた西炯子の漫画『お父さん、チビがいなくなりました』。結婚して44年の夫・勝と飼い猫・チビと暮らしている有喜子が、長年抱えてきた不安から離婚を決意する中で、心の拠り所だったチビが姿を消してしまう、というあらすじだ。これまでに倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子、今年5月に逝去した星由里子の出演が明らかになっていた。

発表された追加キャストは、佐藤流司、小林且弥、小市慢太郎、西田尚美、優希美青、濱田和馬、吉川友。

佐藤流司は、倍賞千恵子演じる有喜子が好きな韓流ドラマのキャラクター・ヨンギと、チビを探すペット探偵の笹原の2役を演じている。小林且弥は将棋倶楽部で藤竜也演じる勝に将棋の相手をさせられる山崎役、小市慢太郎は勝と有喜子の長男・雅紀役、西田尚美は長女・祥子役、優希美青は若い頃の有喜子役、濱田和馬は若い頃の勝役、吉川友は星由里子演じる志津子の若い頃の姿を演じる。

佐藤流司のコメント

ヨンギ役は、現場では韓国語で演じたのですが、日本で放送されているドラマという設定なので、そこに後から自分自身で日本語のアフレコをするという新しい経験をさせてもらいました。韓国語なのでセリフ覚えるのにとても苦労したんですけど、完成したものは日本語という。でも結果的に説得力のある仕上がりになっているんじゃないかと思います。藤さんと倍賞さんとの共演は、初めての仕事の時を思い出すほど緊張しました。倍賞さんとのシーンが多かったのですが、自分のような若手相手にも何度も一緒にセリフ合わせをしてくださったりと、本当に優しい方で大変お世話になりました。

小林且弥のコメント

演じた山崎という役は、原作とは違うキャラクターになっていて、“こういう人”っていう背景がないんです。ふらりと現れて藤さん演じる武井さんと将棋するようになるという。映画で出てくる人間って何かの動機を持って出てくるものですが、それがないのが面白いな、素敵な描かれ方だなと思いました。藤さんは、存在自体がすごく作家性があるんです。培ってきた今までの役者歴を、現在の藤さんの佇まいで全て説明しているというか。そこにいるだけで成立する稀有な役者さんで。市川さんは動物的な感覚を持ってらっしゃる反面、すごくクレバーな方でもあって、そのバランスの取り方がすごいなと。お二人ともすごく魅力的な方でそこに挑戦してみようかなと色々頭で考えて試行錯誤してみましたが、結局出たとこ勝負みたいな感じでした。

小市慢太郎のコメント

大先輩ですごく尊敬する倍賞さんが母親で、子供の時からドラマ観ていた、幼少期の憧れの男性像である藤さんが父親。本当に嬉しい限りでした。自分の父親も縦のもの横にもしないみたいな、男は外で仕事して女は家を守るっていう古風な感じでしたので、やはりまず自分の親世代に観てもらいたいですね。夫婦で一緒に見てもらって、その帰りに「飯でも食いに行くか」なんてなってくれたら嬉しいです。そしてその子供にあたる自分のような世代、あるいはその孫に当たる世代も、それぞれの立場できっと共感できるものがあるのではないでしょうか。

西田尚美のコメント

猫のチビによって、夫婦がお互いを思う気持ちが見えてくるって微笑ましいなと思って脚本を読みました。
倍賞さんは優しくて頼もしいその人間性で家族のムードメーカーとなってくださって、藤さんは気持ちの表現の仕方がすごくチャーミングで、お母さんとお父さんがこの家族の自然な空気感を作ってくださいました。本当に素敵な方々と共演できてとても楽しかったです。映画のお父さんとお母さんの年代の方は共感していただけるだろうし、若い人たちが観ても、「夫婦として誰かと生活を送るのは色々あるけどいいよね」と、生きていく将来が楽しみになるような映画になっていると思います。

優希美青のコメント

有喜子さんたち世代の方はもちろん、どの世代の方にも心にキュンとささるものがあるラブストーリーだと思います。この映画の1シーンに、お父さんがお母さんに伝える、あるステキな言葉があるのですが、私自身とても感動しました。ぜひ、沢山の方に劇場でご覧頂きたいです。

濱田和馬のコメント

藤さんの過去の作品を拝見させていただいたり、本読みの時のしゃべるトーンとか、間の取り方を必死で観察しました。
ご年配の夫婦だったり、新婚さんだったり、まだ結婚してない、それこそ高校生ぐらいのカップルが見ても、言葉で伝えるということは、とても大事なことなんだと再認識できる作品だと思います。

吉川友のコメント

星由里子さん演じる志津子の若い頃を演じさせていただきました。どの年代の方が観ても、グッとくる、観終わった後、大切な家族や、パートナー、ペットに会いたくなるようなステキな作品です。豪華キャストの方と共演でき、すごく勉強になりました。

『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』 ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』 ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』 ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』 ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』 ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』 ©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察