ニュース

パスカルズの6年ぶりAL『日々、としつき』 しりあがり寿、常盤貴子ら賛辞

パスカルズ『日々、としつき』ジャケット
パスカルズ『日々、としつき』ジャケット

パスカルズのニューアルバム『日々、としつき』が9月30日にリリースされる。

パスカルズはロケット・マツを中心に金井太郎、坂本弘道、石川浩司、知久寿焼ら14人で編成されているバンド。1995年に結成し、今年で活動23年目になる。2001年にはフランスのレンヌで行なわれる『Trance Musical Festival』に招聘され、その後はヨーロッパツアーやオーストラリアツアーも実施している。近年は映画や舞台の音楽も手がけ、活動は多岐にわたっている。

6年ぶりのニューアルバムとなる今作には、舞台『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』の挿入曲“蝶”、大林宣彦監督の映画『野のなななのか』の主題曲“野のなななのか”と挿入曲“ガタタンロード”、同じく大林監督の映画『この空の花――長岡花火物語』の挿入曲“花火”、水江未来の短編アニメーション『WONDER』の表題曲“WONDER”を収録。11月1日からダウンロード販売およびストリーミング配信がスタートする。

同作のリリースを記念したライブが、10月30日に神奈川・横浜のTHUMBS UP、12月4日と5日に東京・吉祥寺のSTAR PINE'S CAFEで開催。なお同作に寄せられた、しりあがり寿、常盤貴子、渋谷毅、峯村リエ、関島岳郎、植村昌之のコメントがパスカルズのオフィシャルサイトに掲載されている。

しりあがり寿のコメント

ボクの頭の中では、パスカルズはいつもお花畑の中で演奏している。ただのお花畑じゃない、不思議で怪しい毒もあれば妖精も潜むやばいお花畑だ。パスカルズの音色はいつだってここではないどこか、忘れられたような懐かしい場所から聞こえてくる。それを聴くたびに笛を吹きたくなる。細い木の枝から作ったちょっとだけ色の塗ってある小さな笛を吹きたくなる。

常盤貴子のコメント

「音」が踊っている。楽しそうに。
自由にあっちへ、こっちへ。
パスカルズは、いつも『音楽』の原点に気づかせてくれる。
今回の新アルバムでは、「音」に映画「野のなななのか」の思い出という、更なる想像の羽が付いてしまうから、どこまでも音旅を楽しんでしまう。
危ない。でも・・・好きになりそう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る