ニュース

賀来賢人×福田雄一ドラマ『今日から俺は!!』未公開シーン復活版がHulu配信

『今日から俺は!! 未公開シーン復活版』©NTV
『今日から俺は!! 未公開シーン復活版』©NTV

ドラマ『今日から俺は!! 未公開シーン復活版』が本日10月14日からHuluで配信される。

西森博之による漫画『今日から俺は!!』を実写化したドラマ『今日から俺は!!』。本日から日本テレビ系で毎週放送されている。「どんなことをしてでも勝つ」を信条とする金髪の主人公・三橋貴志役を賀来賢人、トンガリ頭の人情派・伊藤真司役を伊藤健太郎が演じているほか、清野菜名、橋本環奈、太賀、矢本悠馬、ムロツヨシ、瀬奈じゅん、佐藤二朗、吉田鋼太郎らが出演。ゲストも多数出演する。脚本は福田雄一、演出は福田と鈴木勇馬が担当。

『今日から俺は!! 未公開シーン復活版』は、日本テレビ版ではカットされた未公開シーンを交えた特別版となる。毎週1話ずつ、本編オンエア後に配信がスタートする。

賀来賢人のコメント

撮影現場の雰囲気について
地方に泊まり込んで撮影していたこともあって、みんなと四六時中一緒にいたので、家族みたいな関係になれたんです。
その空気は芝居での関係性にも出てくるだろうし、このチームの一番の強みだと思います。
撮影は本当に楽しかったです!
それに今回の現場は、出演者・スタッフ全員が「面白いものを作ろう!」という共通認識のなかでやっていたし、みんな自然とモチベーションが上がりました。
福田さんも思わず「圧が…!」と漏らすほど(笑)、みんなの中に「この作品で一山当ててやろう!」という野心もあって、いい意味でギラギラしていましたし、面白かったです!

アドリブシーンはどのように撮影されているか
福田さんが「(芝居を)延ばしたい」というときもあるし、勝手に延びちゃうときもあるし…。
例えば、相手がムロ(ツヨシ)さんなら、どんどん延びちゃうんですよ(笑)。
僕自身は今回主演をやらせていただいているし、いつもより好き勝手にやらず、なるべくキュッと収めようとしていたんですけど第1話を見たら、「ホントにどうした、俺!?」ってビックリするくらい、自分もフザけていて…(笑)。
実は僕、福田さんからどんなことをオーダーされても、絶対に「無理!」とは言わないようにしているんです。
そう言った時点で福田さんとの関係は終わりだと思っているし、信頼する福田さんのオーダーにはちゃんと応えたいなって。
なにせ、福田さんは僕にコメディーの楽しさを教えてくれた人。
それが今もずっと僕の土台になっているので、苦に思ったこともないんです。

アドリブシーンの最中に笑いを堪えている姿が印象的だったが
僕、いつもはそんなことないんですけど、今回は結構吹いちゃいました。
「主演が吹き出すなんて、もってのほかだぜ!」と思って現場に入ったはずなのに、早くも第2話で吹いちゃって…(笑)。
特に(佐藤)二朗さんやムロさんとのシーンでは、あまりの面白さに負けちゃいました!

変顔について
「大丈夫かな、これ?」って、自分でビックリしちゃいました。
でも、キャラクターとしてはキャッチーですから! …と、自分に言い聞かせてます(笑)。
実は今回、初めての変顔バリエーションを、福田さんが作ってくれたんです。
ドラマ版の三橋が怒ったときにする《口をすぼめながら歯を出す変顔》なんですけど、これが顔じゅうの筋肉を酷使するので、超難しいんです!
でも、本番前にメイクさんから鏡を借りて練習していたら、どんどん上達しちゃって(笑)。

変顔以外に今回初めて開拓したこと
福田さんから「カッコいい賀来賢人を見せたい」と言われて、福田組では初めてそういう芝居を披露したんですよ。
これって、福田作品では主演しか味わえない位置だと思うんです。
フザけた芝居との使い分けは難しかったけど、《ザッツ・カッコいい男》である相方の伊藤とは逆の、照れ屋で天の邪鬼の三橋ならではのカッコよさを引き出してもらえたし、すごく楽しかったです。
この作品で、ぜひ日本中の話題をかっさらいたいです!

視聴者へのメッセージ
Hulu版には、出演者である僕たちもまだ見ていない名シーンや迷シーンがいっぱい収録されています。
地上波版よりもゆる~い作りになっているので、深夜に友達と飲みながら、または昼下がりに家族と一緒に、ダラダラ見ながら「今日から俺は!!」の世界に浸っていただきたいです。
くれぐれも、決して真剣には見ないでください(笑)。僕も絶対に見ます!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー