三浦直之演出のロロ『いつ高』シリーズ第7弾『本がまくらじゃ冬眠できない』

舞台『ロロいつ高シリーズvol.7「本がまくらじゃ冬眠できない」』が、11月17日から東京・早稲田小劇場どらま館で上演される。

全国高等学校演劇大会の規定に沿って上演されるロロの『いつ高シリーズ』は、「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校」を舞台に、「まなざし」をテーマにした物語を展開。俳優はシリーズを通して同じ役を演じ、主人公は作品ごとに異なる。

雪の日の図書室を舞台にした今回のあらすじは、朝についての印象的な書き出しからはじまる女子高生の話、気だるそうな主人公が日常のちょっとした謎を解いていくミステリー、異世界に転生したら全部うまくいくファンタジーなど、代わる代わる本を読んでいくうちに夢の中で物語が混ざりあっていくというもの。演出、脚本は三浦直之が手掛け、篠崎大悟(ロロ)、島田桃子(ロロ)、大石将弘(ままごと、ナイロン100℃)、端田新菜(ままごと、青年団)が出演する。

チラシのイラストは西村ツチカ、デザインは佐々木俊と郡司龍彦が担当。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

『ロロいつ高シリーズvol.7「本がまくらじゃ冬眠できない」』

2018年11月17日(土)~11月26日(月)全14公演 会場:東京都 早稲田小劇場どらま館
演出・脚本:三浦直之 出演: 篠崎大悟(ロロ) 島田桃子(ロロ) 大石将弘(ままごと、ナイロン100℃) 端田新菜(ままごと、青年団) 料金: 前売 一般3,000円 U25券2,500円 当日券 一般3,500円 U25券3,000円 ※親子ペアで1,000円引き ※高校生以下無料
  • HOME
  • Stage
  • 三浦直之演出のロロ『いつ高』シリーズ第7弾『本がまくらじゃ冬眠できない』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて