黒木華×野村周平『ビブリア古書堂』、6秒スポット映像8種が一挙公開

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』のスポット映像が公開された。

11月1日から公開される同作は、鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子と、店で働き始める本が読めない青年・五浦大輔が、客が持ち込む古書の謎や秘密を解き明かしていく様を描いた三上延の小説シリーズの実写映画版。栞子役を黒木華、大輔役を野村周平が演じている。

1本6秒のスポット映像は「栞子編」「大輔編」「呼び捨て編」「お邪魔編」「カレー編」「餃子編」「衝突編」「胸熱編」の全8種。それぞれ特別映像として「栞子&大輔 キャラクター紹介編」「胸キュン編」「ビブリア食べ物編」「過去パート 出会い編」の4本にまとめられている。

『ビブリア古書堂の事件手帖』のあらすじは、大輔の亡き祖母の遺品から出てきた夏目漱石の『それから』と太宰治『晩年』の希少本を巡る秘密から、大輔の人生を変えるある真実が明かされる、というもの。共演には成田凌、夏帆、東出昌大が名を連ねている。監督は三島有紀子。

作品情報

『ビブリア古書堂の事件手帖』

2018年11月1日(木)から全国公開
監督:三島有紀子 脚本:渡部亮平、松井香奈 原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫、KADOKAWA) 主題歌:サザンオールスターズ“北鎌倉の思い出” 出演: 黒木華 野村周平 成田凌 夏帆 東出昌大 配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 黒木華×野村周平『ビブリア古書堂』、6秒スポット映像8種が一挙公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて