ニュース

小栗旬&ブルゾンちえみが妖怪に 『映画 妖怪ウォッチ』第5作のゲスト声優

小栗旬とブルゾンちえみ ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
小栗旬とブルゾンちえみ ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018

12月14日から公開される映画『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』のゲスト声優が発表された。

同作は、シリーズ累計1683万人動員、興行収入186億円を突破している『妖怪ウォッチ』映画シリーズの第5弾。1960年代を舞台に、新たな主人公・下町シンと、高城イツキ、有星タエの3人が家族の魂を救うため、妖怪たちと共に冒険に出る、というあらすじだ。

ゲスト声優として発表されたのは、小栗旬とブルゾンちえみ。小栗は、妖怪の世界の王「閻魔大王」の座を狙い、最強の力を手にして主人公たちの前に立ちはだかる妖怪・紫炎役、ブルゾンちえみは人の魂を奪い取る妖怪・玉藻前役を演じる。

小栗旬は『妖怪ウォッチ』への参加について「甥っ子と姪っ子も大好きなので、映画に出ることを話したら大喜びしていました」と明かしているほか、「紫炎は、閻魔大王の座を狙っている、すごくカッコいい敵妖怪です。日野社長と監督と『子どもたちにカッコいいと思われるキャラクターを一緒に作っていきましょう』と話し合い、意識して演じました」と役どころについて語っている。

またアニメ声優初挑戦となるブルゾンちえみは「演じるのはジバニャンとは真逆の怖い妖怪、玉藻前。思った以上に妖怪っぽい声が出せて、『あれ?私こんな声出せるんだ!』と自分でもビックリしました。新たなブルゾンちえみをお見せ出来ていれば嬉しく思います」とコメント。

製作総指揮の日野晃博は2人について「アフレコを終え、小栗さんのカッコよさと熱いところの2面性のようなものが乗り、非常に魅力的でエネルギーのあるキャラクターになりました」「ブルゾンさんは非常に演技力が高く、怖い部分と笑いの部分、両方をしっかり含めていただきました。自身がもつキャラクターが演じた妖怪にもしっかり入り込み、ブルゾンさんにしかできない妖怪の声にしていただけたのではないかと思います」と賛辞を贈っている。

小栗旬のコメント

出演させていただけて本当に嬉しいです。「妖怪ウォッチ」にはみんながハマっていて、凄く盛り上がっている印象があります。甥っ子と姪っ子も大好きなので、映画に出ることを話したら大喜びしていました。
演じさせていただく紫炎は、閻魔大王の座を狙っている、すごくカッコいい敵妖怪です。日野社長と監督と「子どもたちにカッコいいと思われるキャラクターを一緒に作っていきましょう」と話し合い、意識して演じました。キャラクターの中では個人的にはウィスパーも面白いので演じてみたいです。
今年の映画はスケールが大きいですし、未知の世界の話ですし、ホロっと来るような話にもなっています。子どもだけじゃなくて大人も楽しんでもらいたいと思います。とてもワクワクする感動巨編になっていると思いますので、みなさん是非劇場でご覧ください。

ブルゾンちえみのコメント

アニメの声優をやらせていただくのは今回が初めてでしたが、昔からの憧れでもあり、すごく嬉しかったです!猫好ということもあり、ジバニャンが可愛くて大好きです。今回登場する猫又もすごく可愛くて、心をつかまれました。
演じるのはジバニャンとは真逆の怖い妖怪、玉藻前。思った以上に妖怪っぽい声が出せて、「あれ?私こんな声出せるんだ!」と自分でもビックリしました。新たなブルゾンちえみをお見せ出来ていれば嬉しく思います。
映画の中で、イケメン妖怪を2人見つけました。紫炎とぬらりひょんです。ブリリアンの代わりに引き連れたら、いいネタができると思いました…!
今年の「映画 妖怪ウォッチ」も子どもから大人まで楽しめ、そして感動できる映画です!
え?映画を何回観るべきかって? ……35回!!

日野晃博のコメント

小栗旬さんは声の演技にも凄くこだわってらっしゃる方なので、面白い物が録れるのではないか、声優さんには出ない特別なものを乗せていただけるのではないか、という期待があってお願いをしました。アフレコを終え、小栗さんのカッコよさと熱いところの2面性のようなものが乗り、非常に魅力的でエネルギーのあるキャラクターになりました。演じていただけて本当に良かったと思っています。
そしてブルゾンちえみさんは、いつもお茶の間に笑いを届けてくれる人ですが、今回は「怖い」キャラクターをどう演じるのか、非常に楽しみでした。「妖怪ウォッチ」に出てくる妖怪は、どこか怖いのだけれども、どこかひょうきんだったりする部分もあります。ブルゾンさんは非常に演技力が高く、怖い部分と笑いの部分、両方をしっかり含めていただきました。自身がもつキャラクターが演じた妖怪にもしっかり入り込み、ブルゾンさんにしかできない妖怪の声にしていただけたのではないかと思います。

紫炎キャラクタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
紫炎キャラクタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
玉藻前キャラクタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
玉藻前キャラクタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
猫又キャラクタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
猫又キャラクタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと