ニュース

『NEWTOWN 2018』タイムテーブル発表 トークイベントに会田誠、鹿野淳ら

『NEWTOWN 2018』タイムテーブル
『NEWTOWN 2018』タイムテーブル

11月10日と11日に東京・多摩センターの小学校跡地・デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオで開催されるCINRA主催のイベント『NEWTOWN 2018』のタイムテーブルが発表された。

今回の発表では会場内の体育館や校庭、教室などで行なわれる、ライブイベント、トークイベント、演劇公演、映画上映をはじめとする約100件のプログラムのタイムテーブルが判明。詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。

あわせて美術展のトークイベントに会田誠、磯部涼、小田光雄の登壇が発表されたほか、柴那典と大谷ノブ彦(ダイノジ)によるトーク企画『心のベストテン』の公開イベントや、雑誌『Rolling Stone Japan』内の「POP RULES THE WORLD」の公開トークとなる田中宗一郎、宇野維正、柴那典が2018年の音楽シーンを振り返る企画、鹿野淳(MUSICA)、加藤一陽(音楽ナタリー)、飯田仁一郎(OTOTOY)によるトーク『音楽メディアがイベントを始める理由』、中屋敷法仁(柿喰う客)が登壇するトークイベントの開催も決定。さらに校庭でDÉ DÉ MOUSEとホナガヨウコによる来場者参加型の『盆踊りDISCO!』が行なわれることも明らかになった。

なお『NEWTOWN 2018』ではタイムテーブルに記載のないプログラムも多数実施。校庭では6つのマーケット『NEWTOWNマーケット』『BASE in NEWTOWN』『Anonymous Camp Tokyo in NEWTOWN』『多摩ニュータウンマーケット』『Gourmet Street Food ―東京美食屋台―』『PORTE FOOD MARKET』が同時開催される。また校舎内では美術展『SURVIBIA!!』、似顔絵市、屋上公園、レコード市、エリイ(Chim↑Pom)と辛酸なめ子による占いコーナー、デイリーポータルZによる『いらないものガチャ』、株式会社闇『金縛りVR』、地元有志による「松が谷バー」、「帝京大学児童文化研究会~Step~」、『2日間だけの遊べる校庭プロジェクト』、『オルギア視聴覚室 vol.4』、公募写真展『親愛なるNEWTOWN』など様々な企画が予定されている。無料のプログラムも含めて、Peatixで事前予約を受付中だ。

さらにイベント初日の夜には、多摩センター駅前にある京王プラザホテル多摩の宴会場を借り切り、『NEWTOWN 2018』の出演者、出店者、来場者が交流できる『NEWTOWN 2018 二次会パーティー“AFTER SCHOOL”』を開催。『NEWTOWN 2018』では11月4日までクラウドファンディングも行なっており、支援金額に応じたリターンには二次会イベント参加券をはじめ、体育館ライブの優先エリア券、京王プラザホテル多摩の宿泊プランなどが用意されている。

※記事掲載時から一部内容を追加しました。(2018/10/29追記)

『NEWTOWN 2018』ビジュアル
『NEWTOWN 2018』ビジュアル
左から鹿野淳(MUSICA)、加藤一陽(音楽ナタリー)、飯田仁一郎(OTOTOY)
左から鹿野淳(MUSICA)、加藤一陽(音楽ナタリー)、飯田仁一郎(OTOTOY)
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察