松本穂香がYouTuber役 DC版『アストラル・アブノーマル鈴木さん』劇場公開

映画『アストラル・アブノーマル鈴木さん』が2019年1月5日から東京・新宿シネマカリテ、イオンシネマ板橋ほか全国で順次公開される。

同作は、6月に開設されたYoutubeチャンネル「AlphaBoat Stories」の第1弾企画として制作された全17話の同名ドラマを、87分におよぶ「完全ディレクターズカット版」として再構成したコメディー映画。運命のいたずらによって田舎に取り残され、YouTuberとして生きる鈴木ララが、家族や来訪者などを巻き込み、暴走を繰り広げる姿を描く。

主人公の鈴木ララ役にドラマ『この世界の片隅に』の松本穂香がキャスティングされているほか、西山繭子、田中偉登、広山詞葉、谷のばら、大沼遼平、木村知貴、芦原健介、中沢健、三坂知絵子、AKI、松井理子、鳥谷宏之、大野大輔、根矢涼香、加藤啓が出演。監督、脚本、編集を『さいなら、BAD SAMURAI』で『カナザワ映画祭2016』期待の新人監督賞を受賞した大野大輔が務めた。主題歌は三輪二郎の“ひなたぼっこ”、挿入歌は出演者の谷のばらが歌う“わたしだけが知ってる”。

劇場公開について主演の松本は「アスアブ鈴木さんのあの世界観を、あの独特の時間を、ぜひ大きなスクリーンで味わって頂きたいです」、大野監督は「松本穂香さんを始めとする素晴らしいキャスト・スタッフの皆さんのおかげでPOPでキュートでハートウォーミングな青春映画に生まれ変わりました。アブノーマルさに拍車をかけた鈴木ララさんに会いに来てください」とコメントを寄せている。

発表とあわせ、ポスタービジュアルとチラシビジュアル、場面写真が公開。ポスタービジュアルとチラシビジュアルには、鈴木ララが花をあしらった眼帯とジャージを身につけ、大槌を携える姿や、「『普通』ってやつが一番難しい。」「明日はどっちだ?――財政破綻まっしぐらの田舎町で生きるユーチューバー・鈴木ララの“ジワる”大暴走!」というコピーなどが写し出されている。また場面写真では、鈴木が銃を構える様子や自転車を漕ぐシーンなどが確認できる。

松本穂香のコメント

「アスアブ鈴木」が劇場で公開されます!! アスアブ鈴木さんのあの世界観を、あの独特の時間を、ぜひ大きなスクリーンで味わって頂きたいです。

大野大輔のコメント

YouTube配信用の連続ドラマを1本の映画にまとめ直して劇場公開するなんてそこそこリスキーで度胸の要る挑戦ではありますが、松本穂香さんを始めとする素晴らしいキャスト・スタッフの皆さんのおかげでPOPでキュートでハートウォーミングな青春映画に生まれ変わりました。アブノーマルさに拍車をかけた鈴木ララさんに会いに来てください。

作品情報

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』

2019年1月5日(土)から新宿シネマカリテ、イオンシネマ板橋ほか全国で順次公開
監督・脚本:大野大輔 音楽:原夕輝、三輪二郎 主題歌:三輪二郎“ひなたぼっこ” 挿入歌:谷のばら“わたしだけが知ってる” 出演: 松本穂香 西山繭子 田中偉登 広山詞葉 谷のばら 大沼遼平 木村知貴 芦原健介 中沢健 三坂知絵子 AKI 松井理子 鳥谷宏之 大野大輔 根矢涼香 加藤啓 上映時間:87分 配給:SPOTTED PRODUCTIONS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松本穂香がYouTuber役 DC版『アストラル・アブノーマル鈴木さん』劇場公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて