松坂桃李が殺人マシーンに、舞台『マクガワン・トリロジー』映画館で上映

上映イベント『舞台「マクガワン・トリロジー」シアタービューイング』が、11月23日に全国の映画館で開催される。

アイルランドの作家シーマス・スキャンロンによる戯曲『マクガワン・トリロジー』は、アイルランド共和軍(IRA)の殺人マシーンとして出世を果たすヴィクター・マクガワンを中心とした3年間の物語を3つのパートで描いた悲劇。2014年にアメリカ・ニューヨークで開催された『第1回アイルランド演劇祭』で上演され、複数の賞を受賞した。

今回のシアタービューイングでは、6月から7月にかけて松坂桃李の主演で日本初演されたものを上映。共演者には浜中文一、趣里、小柳心、谷田歩、高橋惠子が名を連ねる。演出は小川絵梨子が担当。

チケットの先行予約は11月7日まで受付中。一般販売は11月15日18:00からスタートする。上映館などの詳細はイベントの特設サイトで確認しよう。

イベント情報

『舞台「マクガワン・トリロジー」シアタービューイング』

2018年11月23日(金・祝)に全国の映画館で開催 料金:3,800円
  • HOME
  • Stage
  • 松坂桃李が殺人マシーンに、舞台『マクガワン・トリロジー』映画館で上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて