浦沢直樹、浅野いにおら『スピリッツ』作家37組の寄せ描きがJR15駅に登場

雑誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』の2000号を記念した寄せ描きが、本日10月29日から東京・JRの各駅に掲出されている。

1980年に創刊され、今年38周年を迎える同誌。寄せ描き原画は、本日10月29日に通巻2000号となる『週刊ビッグコミックスピリッツ48号』が刊行したことを記念して制作されたもので、『週刊ビッグコミックスピリッツ』『月刊!スピリッツ』で連載中の浦沢直樹、のりつけ雅春、ジョージ朝倉、高橋のぼる、ゆうきまさみ、柏木ハルコ、中原裕、こざき亜衣、小田扉、松田奈緒子、真鍋昌平、浅野いにお、山本英夫、東村アキコ、おかざき真里、阿部潤、吉田戦車、丹羽庭ら37組の漫画家が参加している。

直筆原画はJR品川駅で10月30日の終電時刻まで掲出後、11月4日まで都内某所に展示。詳細は『スピリッツ』編集部のオフィシャルTwitterアカウントで随時更新される。

また、池袋、高田馬場、秋葉原などJR東日本の15駅では原寸大のポスターを展開。ポスターの右側に登場する作品は各駅ごとに異なる。

発表とあわせ、『週刊ビッグコミックスピリッツ』のオフィシャルサイトでは、全作家がイラストを描く様子を早送りで収めたライブドローイング映像が公開されている。

  • HOME
  • Book
  • 浦沢直樹、浅野いにおら『スピリッツ』作家37組の寄せ描きがJR15駅に登場

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて