佐野勇斗が本郷奏多の胸ぐら掴む 又吉直樹原作の映画『凜』予告編が公開

映画『凜』の予告編が公開された。

2019年2月22日から公開される『凜』は、又吉直樹が脚本を手掛け、2007年に上演された舞台作品が原作。「100年に一度、村から子供が消える」という神隠し伝説が伝わる村の学校を舞台にした、青春群像サスペンスとなる。真面目で達観している現代っ子の高校生・野田耕太役に佐野勇斗(M!LK)、不思議な転校生・天童義男役に本郷奏多がキャスティング。又吉は映画の原作に加え、脚本監修も務める。

公開された予告編では、教室で天童が孤立する姿、夜の森の中を謎の人影が走り去る様子、出演者の片桐仁が「偉そうに意見してんじゃねえぞ、この野郎!」と怒鳴りつけるシーン、キャストの大沢ひかるの「天童君、クラスメイトの女の子を殺したって」という言葉、野田が天童の胸ぐらを掴んで詰め寄る場面などが確認できる。

作品情報

『凜』

2019年2月22日(金)から公開
監督:池田克彦 脚本:渡邉真子 原作・脚本監修:又吉直樹 音楽:ハセガワダイスケ 主題歌:ハルカミライ“ヨーロービル、朝” 挿入歌:ハルカミライ“俺達を待っている” 出演: 佐野勇斗 本郷奏多 須賀健太 亀田侑樹 櫻井圭佑 大沢ひかる 平祐奈 椿鬼奴 須田邦裕 金田哲(はんにゃ) 好井まさお(井下好井) 片桐仁 堀部圭亮 勝村政信 石田ひかり 山口紗弥加 配給:KATSU-do
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 佐野勇斗が本郷奏多の胸ぐら掴む 又吉直樹原作の映画『凜』予告編が公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて