ニュース

インド・タラブックスの全容伝える展覧会 ハンドメイド絵本の原画など展示

展覧会『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』が、11月10日から静岡・長泉町のベルナール・ビュフェ美術館で開催される。

1994年に設立され、ギータ・ウォルフとV・ギータの2人の女性を中心に活動を行なっている南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」。インドの民俗芸術と出版を結び付け、インドの民俗画家による絵を紙に版画の技法で印刷し、職人が糸で製本したハンドメイドの絵本を刊行している。また教育や社会問題をテーマにしたものや、形状が特徴的なものなど、多彩な本を画家、編集者、デザイナー、印刷職人らによるチームワークによって生み出している。

タラブックスの本作りの全容を伝える初の展覧会となる『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』は愛知・刈谷市美術館や東京・板橋区立美術館を巡回してきた。タラブックスが初めてシルクスクリーンで作った絵本や、本の「かたち」を追求するきっかけになった本など、設立から10年の間に発行された本の中から10冊を紹介する。

また『ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア』でラガッツィ賞を受賞した代表作『夜の木』をはじめとする、インド中央部に暮らすゴンド族の芸術家と共に取り組んだ仕事の原画や資料を、写真家の松岡宏大がゴンド族の村で撮影した写真とあわせて展示。さらに様々な民俗画家と制作した絵本の原画や、ハンドメイド本の制作風景、タラブックスの代表2人のインタビュー、各地の民俗画家に取材した映像なども紹介される。

ミュージアムショップではタラブックスの日本語版、英語版の本、シルクスクリーン印刷時のミスプリントである「フルークペーパー」を使ったノートなどを販売。トートバッグや缶バッジといった展覧会オリジナル商品も登場する。

『夜の木』より「飲みすぎにご用心」
『夜の木』より「飲みすぎにご用心」
『夜の木』(初版2006年)
『夜の木』(初版2006年)
『水の生きもの』(初版2011年)日本語版
『水の生きもの』(初版2011年)日本語版
『夜の木』より「飲みすぎにご用心」原画
『夜の木』より「飲みすぎにご用心」原画
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送