劇場版アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』3部作が1月から連続公開 予告編も

アニメーション映画『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』の3部作が、2019年1月25日から連続公開される。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、犯罪に関する数値「犯罪係数」を測定する銃「ドミネーター」を持つ刑事たちが犯罪を犯す前の「潜在犯」を追う様を描いたオリジナルテレビアニメ作品。2012年と2014年に放送され、2015年に劇場版が公開された。

今回公開される3部作では、約100年後の日本とアジアを舞台に、現在、過去、未来に起こる事件が描かれる。1月25日公開の『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』では宜野座伸元と霜月美佳にフォーカス、2月15日公開の『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2 First Guardian』では須郷徹平と征陸智己にフォーカス、3月8日公開の『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』では狡噛慎也にフォーカス。

声の出演者は引き続き、宜野座伸元役に野島健児、霜月美佳役に佐倉綾音、須郷徹平役に東地宏樹、征陸智己役に有本欽隆、狡噛慎也役に関智一がキャスティング。監督は塩谷直義が務めた。アニメーション制作はProduction I.G、「Case.1」の脚本は『PSYCHO-PASS サイコパス』のノベライズ作品『PSYCHO-PASS ASYLUM』シリーズおよび『PSYCHO-PASS GENESIS』シリーズを執筆した吉上亮、「Case.2」「Case.3」の脚本はテレビアニメ第1期、『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の脚本を手掛けた深見真が担当。

あわせて予告編が公開。また11月9日から特典としてオリジナルクリアポストカード付の3作品綴り前売券の販売が開始する。

作品情報

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』

2019年1月25日(金)から公開
監督・原案:塩谷直義 脚本:吉上亮 シリーズ原案:虚淵玄 総作画監督:中村悟 キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G 声の出演: 野島健児 佐倉綾音 配給:東宝映像事業部
作品情報

『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2 First Guardian』

2019年2月15日(金)から公開
監督・原案:塩谷直義 脚本:深見真 シリーズ原案:虚淵玄 総作画監督:阿部恒 キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G 声の出演: 東地宏樹 有本欽隆 配給:東宝映像事業部
作品情報

『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』

2019年3月8日(金)から公開
監督・原案:塩谷直義 脚本:深見真 シリーズ原案:虚淵玄 総作画監督:恩田尚之、阿部恒、中村悟 キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G 声の出演: 関智一 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 劇場版アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』3部作が1月から連続公開 予告編も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて