ニュース

KAATが贈る「シアターナイト」柴田元幸×haruka nakamura×坂本美雨公演も

『KAAT Autumn Theatre Night』11月13日公演ビジュアル
『KAAT Autumn Theatre Night』11月13日公演ビジュアル

イベント『KAAT Autumn Theatre Night』が11月10日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場で開催される。

同イベントは『ナショナル・シアター・ライブ』の一環でミュージカル『フォリーズ』を上映する第1夜、ライブイベント『柴田元幸×haruka nakamura feat.坂本美雨』を開催する第2夜、イングリッシュ・ナショナル・バレエ『アクラム・カーン版 ジゼル』のジャパンプレミア上映を行なう第3夜の全3公演で構成。

第2夜『柴田元幸×haruka nakamura feat.坂本美雨』には柴田元幸が朗読、haruka nakamuraがピアノ演奏で出演するほか、坂本美雨がゲスト参加。演奏陣には青木隼人(Gt)、田辺玄(Gt)、ISAO(Perc)も名を連ねる。

第1夜、第3夜の上映後にはゲストを迎えてスペシャルアフタートークが行なわれる。詳細はKAAT神奈川芸術劇場のオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットは現在販売中。

haruka nakamuraのコメント

柴田元幸さんを知ったのは、永福町sonoriumで彼が声を発した時。朗読とピアノのセッションをするのは初めてのことで、僕はそこで初めて、柴田さんを知った。初対面の即興セッション相手については、なるべく予備知識を入れたくない。初めましての握手をしたらそのままスタート。物語へと潜っていく。
なにもかもがその場限りで生まれ消えゆくあの時間。
柴田さんとはそのように純粋な交わりの幸福な時間が生まれ、その日の録音はその純度のままCDアルバム「ウインドアイ」へと収められた。
ところが、その発売記念で再公演を行うと僕らはどうやら、まだまだ奥へと潜っていけるようだった。
何処までいけるのだろう。
確かめたくて、もう一度、柴田さんと物語の中へ行く。
少し、場所を変えて、窓を開け、新しい風を入れてみよう。
次の物語を始めるために。

柴田元幸
柴田元幸
haruka nakamura
haruka nakamura
坂本美雨
坂本美雨
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡