三上博史、酒井若菜らの思惑がラブホで交錯 固定カメラで映す密室劇予告編

映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』の公開日が2019年1月18日に決定。あわせて予告編が公開された。

舞台演出や脚本、俳優など様々な分野で活動している宅間孝行(TAKUMA FESTIVAL JAPAN)が監督・脚本を手掛けた同作は、ラブホテルを舞台に展開する男女の物語をワンシチュエーションで捉えた密室群像劇。歌舞伎町にあるラブホテルに固定されたカメラを通し、登場人物全員が弱みを握られ、かつ弱みを握っているという状況で思惑や立場が交錯する様を描く。R15+指定作品。

固定カメラで撮影された映像を使用した予告編には、三上博史演じる警察官の間宮がラブホテルにカメラをセットする場面や、酒井若菜演じる間宮の妻で婦警の詩織がホテルに踏み込んでくる様子、取り乱した間宮が三浦萌演じるデリヘル嬢の麗華を銃で撃つシーンに加えて、波岡一喜演じる死体処理のために呼ばれたヤクの売人ウォンや阿部力演じるデリヘルのマネージャー小泉の姿などが映し出されている。

作品情報

『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』

2019年1月18日(金)からテアトル新宿ほか全国公開
監督・脚本:宅間孝行 出演: 三上博史 酒井若菜 波岡一喜 三浦萌 樋口和貞 伊藤高史 ブル 世戸凜來 柴田理恵 阿部力 上映時間:105分 配給:HIGH BROW CINEMA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 三上博史、酒井若菜らの思惑がラブホで交錯 固定カメラで映す密室劇予告編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて