ニュース

J・キャメロンが『銃夢』への想い語るコメントも 『アリータ』最新予告編

『アリータ:バトル・エンジェル』 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
『アリータ:バトル・エンジェル』 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『アリータ:バトル・エンジェル』の最新予告編が公開された。

木城ゆきとのSF漫画『銃夢』をもとにした同作は、天空に浮かぶユートピア都市「ザレム」と、ザレムから排出された廃棄物が堆積する荒廃した街「アイアンシティ」に分断された世界を舞台にした作品。サイバー医師のイドに助け出されたサイボーグの少女アリータが、自身が300年前に失われたテクノロジーで創造された「最強兵器」であることを知り、自分の命の意味を見つけるための旅に出る、というあらすじだ。脚本と製作をジェームズ・キャメロン、監督をロバート・ロドリゲスが務める。公開日は2019年2月22日。

最新予告編の冒頭には、原作の映画化を長年にわたって切望してきたというジェームズ・キャメロンによる日本のファンに向けたコメント映像が挿入されており、キャメロンは「私は長年『銃夢』の想像力溢れる世界に魅了されてきました。アリータは木城先生が生んだ素晴らしいキャラクターです」と語っている。

また映像の後半では「私は何者?」というアリータのセリフや、戦士として覚醒したアリータが襲い掛かる殺人サイボーグたちと戦う場面、原作にも登場するバトルロイヤル競技「モーターボール」の様子などが映し出されている。

キャメロンは同作について「ひとりのサイボーグの少女の、非常に人間的な成長物語だ」と明かしているほか、ロバート・ロドリゲス監督も「アクションのスリルと愛情にあふれた最高の人間ドラマが描かれているよ」とコメントを寄せている。

『アリータ:バトル・エンジェル』ティザービジュアル ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
『アリータ:バトル・エンジェル』ティザービジュアル ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで