ニュース

ゆず『昭和元禄落語心中』主題歌“マボロシ”本日配信 演奏場面なしのPVも

ゆず『マボロシ』ジャケット
ゆず『マボロシ』ジャケット

ゆずの新曲“マボロシ”が本日11月16日から配信されている。

同曲は、NHK総合で放送中の岡田将生主演ドラマ『昭和元禄落語心中』の主題歌。作詞、作曲を北川悠仁、編曲をSUNNY BOYが手掛けた。

リリースにあわせて映像監督、写真家の島田大介が監督を務めたPVのショートバージョンと、写真家の北岡稔章が多重露光を使用して撮影したメインビジュアル、ジャケット写真が公開。PVは廃墟を舞台に物語が展開するモノクロ映像になっており、北川悠仁、岩沢厚治が出演しながら歌唱、演奏シーンのないPVはゆずにとって初めて。

なお『マボロシ』の特設サイトには、同曲のジャケット写真を背景に水面が敷かれ、カーソルを動かすと水面に波紋が広がる仕様が施されている。

北岡稔章のコメント

メインビジュアルについて
気持ちが重なり離れていく、過去と現在。
シンプルにお二人を重ねました。
様々な偶然の出会いがあり愛が生まれるように、偶然の持つ強さを引き出すために縦、横、などは考えず、お二人が出す雰囲気を感じるがままに多重露光を使用し撮影しました。
ジャケット写真について
様々な情景と強い想いが入り乱れ、深い闇が広がっているが小さな希望のような願いと愛が見えました。複雑な心境を表すために水の持つ特性が合うと思い、使用することにしました。
生命を維持するための水、水無しでは生きられない。
生命を維持するための愛、愛無しでは生きられない。
水=愛はリンクすると考えました。
水を揺らすことで感情の揺れを表現し、揺れることにより顔は歪みリアルと非現実の間を狙いました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら