安田顕ら出演、映画『ぼくいこ』予告編&ポスター公開 主題歌はBEGIN

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の公開日が2019年2月22日に決定。予告編とポスタービジュアルが公開された。

宮川サトシの同名エッセイ漫画を実写化する同作。平凡な生活を送っていた主人公・サトシが、母・明子のがん宣告を受け、恋人の真里に励まされながら母のために奔走し、家族と共に支える姿などを描く。頼りないが優しい息子・サトシ役を安田顕、サトシを支える恋人・真里役を松下奈緒、明るくパワフルな母・明子役を倍賞美津子が演じる。監督と脚本を大森立嗣が務めた。

公開された予告編には、喪服を身にまとったサトシが「ねえ、お袋、お疲れ様」と笑顔で呟く姿や、医師に「進行した胃癌です」と告げられたサトシが「がーん」とこぼすシーン、真里が「さっさんはお母さんに愛してもらったでしょ? 今度はさっさんの番だよ」と語りかける様子、サトシが明子に「医者が何と言おうとさ、俺がいるから大丈夫だよ!」と断言する場面などが映し出されている。ポスタービジュアルでは、宮川一家と真里の姿や、「それくらい、愛してる。」「母が遺した“愛のかたち”に涙する!感動の実話。」といったコピーが確認できる。

また、同作の主題歌がBEGIN“君の歌はワルツ”に決定したことも発表。島袋優(BEGIN)は楽曲について、「来年も再来年もこの先いつ聴いても、同じ感覚で聞けるような曲になったらいいなと思って、奇をてらわずストレートに書きました」とコメントを寄せている。

島袋優(BEGIN)コメント

実は僕も母親を亡くしてて、あの時こうすれば良かった、もっとできたんじゃないかっていう胸の葛藤だったりいろんな感情が入り混じった時期が長くあったけど、それをすごくやさしく暖かく描いた映画だなと思いました。
今回の楽曲は来年も再来年もこの先いつ聴いても、同じ感覚で聞けるような曲になったらいいなと思って、奇をてらわずストレートに書きました。

作品情報

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

2019年2月22日(金)から全国で順次公開
監督・脚本:大森立嗣 原作:宮川サトシ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(新潮社) 主題歌:BEGIN“君の歌はワルツ” 音楽:大友良英 出演: 安田顕 松下奈緒 村上淳 石橋蓮司 倍賞美津子 上映時間:108分 配給:アスミック・エース
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 安田顕ら出演、映画『ぼくいこ』予告編&ポスター公開 主題歌はBEGIN

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて